10846-eyecatch

今回の読者代表テイスター

10846-shimauchi

島内雄司さん

普段は関西在住だが、現在は仕事で埼玉に出張中。そのタイミングを逃さず当企画に参加。カリフォルニア産のように明確なアピールがあるワインが好きで、趣味は「コスパのいいワイン探し」。今回はすき焼きをはじめ、冬の家庭料理をイメージしながら試飲。

10846-hamamoto

濵本亜沙子さん

WEBでグルメ記事を発信し続ける美食ソムリエ。晩冬向けの鍋料理を意識してワインを選定しつつ。味わいのみならず、「カッコよく飲めるワイン」「きれいで女性的なワイン」など、味わい以外の要素も取り入れてポイントを変化させる感性の人。テスター参加は3回目。

10846-kudou

工藤章子さん

IT関連の仕事をしながら、現在はWSETのLEVEL3受験を控えて勉強中。ピノ・ノワールが好きで、ブルゴーニュ産以外で探していくうち、最近はドイツやオーストリアに注目。ワインの判断基準は、「個性の強さよりも、完成度の高さ」。香りの複雑性も重視する。

10846-fukuda-b

福田博史さん

広告代理店勤務。人、こと、ものを繋ぐワインの魅力に開眼、JSA認定ワイン・エキスパートを取得。最近はピノ・ノワールをよく飲むけれど、常に発見をテーマとし、「二度と同じワインは飲まない」よう心がける。日本人のライフスタイルを鑑みてワインを選定。

  

評価方法

  • 参加カテゴリーは、ワインを飲むシチュエーションを想定した以下3つ。
    • ひとりでしみじみ
    • ふたりでしっとり
    • みんなでわいわい
  • ワイン輸入元が、各カテゴリーにふさわしいと思うワインを選んでエントリー。
  • カテゴリー内での試飲順序は無作為。
  • 試飲はブラインドで実施。最後まで銘柄名等はテイスターに明かさない。
  • ワインの採点は5段階。各カテゴリーにふさわしいかどうかが評価基準となる。
  • 配点の心は次の通り。
    • 「絶対に欲しい」4点
    • 「飲みたい」3点
    • 「買って飲んでもいい」2点
    • 「出されたら飲んでもいい」1点
    • 「飲みたくない」0点
  • テイスター全員の点数を集計し、平均点によって各賞を決定する。
  • 平均3点以上=金賞 平均2.5点以上〜3点未満=銀賞 平均2点以上〜2.5点以上未満=銅賞 2点未満=選外とする。
  • 抜栓後、問題があると判断したワインは、審査以前に司会進行が落選とする。
  • 価格は消費税別。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ワインと食のライフスタイルマガジン「WINE-WHAT!?」編集部です。

3月号の特集は鍋。鍋は食材の旨みを食べ尽くす料理でもあります。
ワインをうまく合わせれば、その旨みも倍増。

食の奥深さ、そしてワインの面白さ、WINE-WHAT!? は探求し続けます。