11428-eyecatch

■生産者:クワトロキロス

2006年8月に、フランセスク・グリマルト氏(写真左)とヒルヒオ・カバリェロ氏のコンビが地中海に浮かぶスペインのマジョルカ島に立ち上げたワイナリーが「クワトロキロス」。

フランセスクは、カニエット種などバレアス諸島の固有品種を守る活動に情熱を注ぐ醸造家、一方のセルヒオはミュージシャンで、毎年バルセロナで開催されるマルチメディアの祭典「ソナーフェスティバル」のプロデューサーとしても活躍するという、異色のコンビがうみ出すワインです。

「ブドウ本来の個性を反映したワイン造り」への想いを形にすべく、2006年に仲間のブドウ栽培者のガレージから出発。2007年には元羊農場を小さなワイナリーへと建て替えました。

マジョルカ島各地に畑を持つため、特定のDOに属していないけれど、ブドウの大半はカル・ベルメルというマジョルカ島の典型的な赤粘土土壌で栽培されているそうです。

輸入元のモトックスから発売されるのは下記赤ワイン2種。なお、「ドツ・ボルツ 2014」は発売後間もなく完売、2015年ヴィンテージが4月上旬に入荷予定です。希望小売価格は2,900円。

11428-1


■ザ・アイランド シンジケイト 2015

ブドウ品種  :マント・ネグロ100%
年間生産量  :4,000本
味わい    :赤・フルボディ
アルコール度数:12.5%
希望小売価格 :2,650円(税別)



オレンジの花、苺、杏子のジャムのような香り、グリセロールのとろりとした厚み等の品種の特徴が感じられます。森の果実やバルサムの香り、スパイス感など、地中海の森を思い起こさせるワインです。



11428-2

■ドツ・ボルツ 2014

ブドウ品種  :カイエット&フォゴノウ60%、シラー20%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%、メルロー10%
年間生産量  :44,000本
味わい    :赤・フルボディ
アルコール度数:13.5%
希望小売価格 :2,700円(税別)



スミレや地中海の森林を思わせる香り、新鮮な果実、フローラルなノートに地中海の小低木の香りが仄かに漂います。骨格があり、果実の綺麗な余韻が楽しめるワイン。

     

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ワインと食のライフスタイルマガジン「WINE-WHAT!?」編集部です。

3月号の特集は鍋。鍋は食材の旨みを食べ尽くす料理でもあります。
ワインをうまく合わせれば、その旨みも倍増。

食の奥深さ、そしてワインの面白さ、WINE-WHAT!? は探求し続けます。