「秋田で一番おいしい居酒屋よ」。

秋田を訪れた私たちに、そう言ってこの店を紹介してくれたのは、地元在住の女性フォトグラファー。
秋田の繁華街中通にある木造のこじんまりした店だ。
中に入ると満席。活気がある。予約をしていなければ入れなかっただろう。

手書きのメニューは、お刺身や天ぷらなど、居酒屋らしい和食が中心だが、ピザやパスタ、ソーセージなどもある。
和洋折衷の創作料理と言ってもいいかもしれない。酒盗のピザ、柚子こしょうのピザなど、初めてお目にかかるメニューもあった。
酒盗をピザの具にする発想に、最初は驚いたが、アンチョビと似ていると思えば、その意外な組み合わせにも納得する。
実は、酒盗とチーズの相性は抜群にいいのだ。

やはり、ここはワインだろう。
3000円台のリーズナブルでおいしいワインが揃っている。グラスワインは400円台。 カリフォルニアの赤で酒盗ピザを堪能。

そもそも酒盗は、これを肴にして酒を呑むと、酒が進み、「盗まれるように酒がなくなっていく」あるいは「酒がなくなると盗んででも飲みたくなる」から、その名がついたと言われている。
日本酒もおいしそうな銘柄が揃っているようだし、この後は、日本酒をぬる燗でいこうか。
ん? へしこもある。飲兵衛なかせの店だ。酒がすすみすぎてしまうではないか。

へしことは福井の名物で、鯖のぬか漬けのことだ。鯖に塩を振って塩づけにしたあと、ぬか漬けにする。
そのまま生で食べてもうまいが、火であぶってもいける。お茶漬けにすると、絶品だ。
しめはへしこ茶漬けにするか。と思っていたら、二軒目においしいイタリアンに行くから、ここでお腹いっぱいにするなというお達し。

え、二軒目でイタリアンって、重くないですか?
え、ピザがうまいんですか? 
え、パスタも食べるんですか?
え、え、しめに屋台のラーメンも行くんですか?

ええええっえっ!?

フォトグラファーのグルメ道、恐るべし。

この記事を書いた人

hideppo
hideppo
呑んべえで食いしん坊のおやじライターhideppoです。毎日、飲み歩いているお気に入りの店や、出張先や旅行先で見つけたおいしい店を、紹介していきます。ライターとして、あえて写真を撮らず、文章だけでおいしさや魅力をお伝えできる力をつけたいとチャレンジしています。自分の舌で納得した、安くてうまい店を中心に紹介します。でも、たいてい呑みながら書いているので、酔い加減によっては、同じことを繰り返したり、つじつまがあわなかったりもしますが、あしからず。