• TOP
  • DRINK
  • WINE
  • サン・トロペのロゼワイン シャトー ミニュティー 販売開始

サン・トロペのロゼワイン シャトー ミニュティー 販売開始

コート・ド・プロヴァンス 1級の名門

プロヴァンス地方最大のAOC、コート・ド・プロヴァンスの名門『シャトー ミニュティー』のワインが9月1日から、MHD モエ ヘネシー ディアジオによって輸入、販売されている。

シャトー ミニュティー 『プリスティージ』 品種:グルナッシュ、シラー、ティブラン、サンソー ¥ 3,300

コート・ダジュールの地中海にぴょこっと突き出たところ。コート・ダジュールいち有名なリゾート地、サン・トロペと、それを見下ろすフランスいち美しい村、ガッサンの間に、シャトー ミニュティーはある。

ワイン的にはコート・ド・プロヴァンスとよばれるAOCで、生産量の9割近くがロゼワインというフランスロゼワインの主要生産地だ。

シャトー ミニュティーは月間100万本ものワインを生み出す、この地方の代表的なワイナリーのひとつで、1936年から親から子へと、3世代にわたって受け継がれている。1955 年には広いコート・ド・プロヴァンス内で一級「クリュ・クラッセ」に格付けされた、23のエステートのうちのひとつとなった。この23のエステート、すべてが現存しているわけではない。

自社畑は合わせて160ヘクタール。60ヘクタールが 、シャトーの周辺のシスト・石灰土壌の畑。そこから南に行ったラマテュエル村の丘陵斜面に20ヘクタール。のこり80ヘクタールは、サン・トロペから北に40kmほど、ヴィドーバンにある。粘土石灰質土壌の、シャトーヌフの丘陵斜面の畑で、1936年にシャトー ミニュティーを手に入れた、ガブリエル ・ ファルネが見いだした。

ブドウは農薬に頼らず育てられ、とりわけ、グルナッシュの品質に自信を持つ。日本でのラインナップは4種。いずれもロゼ。25年以上造られつづけ、高品質ロゼワインのシンボルとなっているのが『シャトー ミニュティー プリスティージ』、現在のオーナー ジャン・エティエンヌとフランソワ・マットンが造り上げた『ロゼ エ オール』、もっとも気軽に楽しめる『エム ド ミニュティー』、そして平均樹齢25年の選抜されたグルナッシュから造られるのが『281』だ。

シャトー ミニュティー 『281』品種:グルナッシュ、シラー ¥ 8,910
シャトー ミニュティー 『ロゼ エ オール』 品種:グルナッシュ、サンソー ¥ 4,290
シャトー ミニュティー 『エム ド ミニュティー』品種:グルナッシュ、サンソー、シラー ¥ 2,420

Related Posts

PAGE TOP