浅草の老舗すき焼き店「ちんや」の6代目・住吉史彦さんが上梓されたのが「浅草はなぜ日本一の繁華街なのか」という一冊。浅草という町は関東大震災、第二次世界大戦時の東京大空襲などで町は崩壊し、その都度立ち上がってきた。今もなお、東京の繁華街、観光地なら「浅草」ありと名前がとどろいているのは、この町の多くの人たちの努力によって、繁華街としての危機を乗り越えてきたからだ。

その原動力、発想力、再建力のキーポイントは「老舗」と「ヒト」。そのことを住吉さんが聞き手となり、老舗とよばれるお店の店主9名にインタビューしている。昔話からはじまり、そのお店を継いだときのこと、先代の話、そこに集うお客様の話と、さまざまな語り口で老舗の「ビジネス」について語られる。老舗だからお客がつねに満足してくれるわけではなく、時には、その老舗の歴史にぶつかりながら、悩む姿も映し出される。

なぜ浅草にこだわりのれんは継承され、盛り返していくのか? 読んで一つイメージできる言葉はまさに「温故知新」である。震災や戦争で物理的に破壊され、それでも立ち上がり、また70年代のテレビ全盛期にヒト離れがおき、どんどん寂れていったが、それを一旦受け止めて「では、何を始めようか」と考える老舗の主人たち。そこには、決して奇をてらわず、昔を守りながらも、「今」を付け加える「タフ」さがあることが、よくわかる。だからこそ、経済本でありながら、その語り口調に読んでいて笑みがこぼれる。そして、この各人のインタビューは浅草のバーで行われている。そう、バーカタログにもなっているのもまたいい。

ただ一つ、残念なのは著者自身の話がなかったこと。最後に「ちんや」の住吉さんをインタビューする最終章がほしかった。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
9月号(通巻18号)では、白ワインに注目! そもそも白ワインって? 三大品種シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングの基礎から、いまどき大討論会、石田博ソムリエによるペアリング提案まで、この夏、飲みたい白ワインを総ざらい。
そして、夏から秋にかけてのワイン旅も提案。ポルトガル現地取材、急成長中の北海道ワイナリーのいまとWINE-WHAT!?ならではのツアー情報、ワインを堪能できる宿「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原」へは、ベントレーで訪れ、カリフォルニアでは、ケンゾー エステイトに行ってきました。