イタリアはマラネロのスーパーカー・メーカーが日本進出50周年を記念するスペシャル・モデルをサプライズで発表した。

すでに完売!

2016年12月13日、東京・六本木の国立新美術館で開催されたフェラーリ日本進出50周年記念式典において、新しい極少数限定シリーズのビスポーク・モデルが発表された。

その名も「Ferrari J50」と名付けられたそれは、Japan上陸50周年を記念する祝祭の象徴ということになる。

Ferrari J50

宇宙船を思わせるプロフィール。

肝心のデザインは、フェラーリの社内のチームが、488スパイダーをベースに、より未来的な2座ロードスターに仕立て上げた。屋根は幌型ではなくて、1970〜80年代に人気を博した308GTSを想起させるタルガ・トップで、ルーフ自体は二分割して座席の後ろに置けるようになっている。日本進出50周年のアニバーサリー・モデルゆえ、販売されるのは日本国内のみ、わずか10台の限定となる。

Ferrari J50

計基盤は488を踏襲している。

Ferrari J50

乗員には空が待っています。

しかも、1台1台、顧客のリクエストに合わせ、テーラー・メイドで仕上げられるから、価格は2万5000〜3万ユーロにも達する。1ユーロ=122円とすると、3億6600万円。自動車の値段ではないです。生産型の488スパイダーは3450万円だから、10台買えます。

それでも、このJ50、買える人は買っておいた方が日本の銀行に預けておくよりお得であるに違いない。

ベースは488スパイダーながら、ドライバーの背後で透けて見える3.9ℓV8ターボ・エンジンは、488スパイダーの670cvよりも20cv強力な690cvを生み出す。cvというのは、馬力を表すフェラーリの伝統的な単位で、psと同じと思って差し支えない。

驚くべきことに、10台のJ50はすでに完売しているという。納車は2017年からになる。10人のオーナーのみなさ〜ん、うらやましいぞ〜〜。ぜひ街を走って、見せびらかしてほしい。

Ferrari J50

フェラーリの宝石、エンジンが見えるようになっている。宝石は見せなくては意味がない。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ワインと食のライフスタイルマガジン「WINE-WHAT!?」編集部です。
ただいま5月号(通巻16号)、絶賛発売中です!
特集は「ワインと焼肉」。牛肉の研究もあります。
次号は6月5日発売。ナパ・ヴァレーの最新情報をお届けします。
WINE-WHAT!? はワインと食を探求し続けます。