この時期になると思い出す。あの頃は、ワインのことなんて、全然わかってなかったけど、世界で一番早く飲めるという、そのことだけで浮かれてた。ボジョレ・ヌーヴォー解禁は、まさにお祭りだった。
ネオボジョMATSRI2018

イベントのイメージ

ボジョレ・ヌーヴォーは、“ネオ・バブル”なワイン

今年の解禁日は、11月15日(木)。もちろん、今年もさまざまなボジョレ・ヌーヴォーイベントが開催される。

その中でも、ちょっとユニークだなと思うのが、ボジョレワイン委員会が主宰する「ネオボジョMATSURI 2018 〜ボジョレ・ヌーヴォー解禁〜」。11月15日(木)から17日(土)までの3日間、サナギ新宿で開催される体験型イベントだ。

ボジョレ・ヌーヴォーがお祭りだったのは、バブル時代。その世代にとっては秋の風物詩だったと思う。彼らは、今もワイン市場を牽引している世代なのだが、おそらくワイン好きになるきっかけは、ボジョレだったという人多いのではないだろうか。

ボジョレワイン委員会は、そんなバブル世代と若者たちをつなぎ、新たなバブル旋風を生み出したいという思いから、「ネオ・バブル」をキーワードに、当時の楽しいお祭り気分を体験してもらおうと考えた。若者たちに、楽しいイベントを通して、ボジョレに、ワインに、興味を抱いて欲しいという願いが込められている。

ボジョレ・ヌーヴォーを、“ネオ・バブル”なワインと位置づける考え方はちょっと面白い。会場内の照明や装飾も“ネオ・バブル”をイメージして作られているそう。毎日17時からはDJタイムがあるそうで、どんな曲で盛り上げてくれるのか、ちょっと期待してしまう。

参加費は無料。ボジョレ・ヌーヴォーは、一杯300円、ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォーは一杯500円という特別価格で提供されるそうだ。

開催概要

名称
ネオボジョMATSURI2018 〜ボジョレ・ヌーヴォー解禁!〜

実施日時
2018年11/15(木)〜11/17(土)12:00〜21:00
DJ Time 17:00〜21:00

実施場所
サナギ新宿(東京都新宿区新宿3丁目35番6号)

主催
ボジョレワイン委員会(Inter Beaujolais)

参加費
入場料無料
ボジョレ・ヌーヴォー 一杯300円
ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 一杯500円

公式ホームページ
https://beaujolaisnouveaujp2018.com/

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
「なんでこんなにうまいんだ!」


「フランスやイタリアの真似をして、たんにコピーをつくったところで尊敬は得られない。自然とどう関わるか」


「ワインも生きている。ブドウも土も、どれも」


「大事なのはひとの問題なんです」


「マニフィーク」



日本のワイン界のレジェンド、麻井宇介と彼の意志を継いだ若者たちの物語
10月20日公開 映画「ウスケボーイズ」より