経営コンサルタントの小林昇太郎、齋藤健太に、WINE-WHAT!? を出版するINSTYLE PUBLISHING の鈴木文彦が加わって、6月29日(土)に第1回を開催した「事業維新-WHAT!?」。2回目は9月14日(土)、16時から、東京 渋谷はUB1 tableにて開催します。テーマとなるのは「演技」。

詳細とお申込みは以下より
https://jigyoishin-02.peatix.com/?fbclid=IwAR1vVwZdVQxYmrCBeYh407YJpZWL0YLBirT56hSHh9HocHf-mlOvB-TEvnc
お振込ご希望の方は以下から
https://forms.gle/3yE2shPTMXx6vqxG9


映画脚本家/プロデューサー、そして現役の役者から プロフェッショナル経営者として必要な資質を学ぶ

企業、経営者が事業への変革を起こすにあたり、8つの力の必要性を提唱している事業維新。その中でも「己を知る力」は先ず押さえておくべき力です。9月14日(土)16時から開催するイベント「事業維新-WHAT!?」では、「恋のしずく」「花宵道中」「真救世主伝説 北斗の拳」など多くの映画やTVドラマを手掛けた脚本家・プロデューサー 鴨義信氏をゲストに迎え、エンターテインメント業界のメソッドで「セルフマネジメントとコミュニケーション」スキルをトレーニングします。

脚本家/プロデューサー
鴨 義信
広島市出身。日本映画学校(現・日本映画大学)卒業後に渡米し、映画や舞台、CFの制作に携わる。帰国後の‘99年に脚本家デビュー。その後、映画、TVドラマ、アニメ等、様々なジャンルの脚本執筆に携わる。脚本家・真辺克彦と脚本ユニット、“公園兄弟”としても活動。脚本以外にも企画制作会社である株式会社クォーボ・ピクチャーズの代表を務める。

配役はもちろんのこと、役者・脚本家の養成にも携わる鴨氏とともに、簡単なテストから、相手がどんな人物なのかを見抜く力を養う方法を解き明かします。そして、それは翻って、自分はどんな人間なのかも教えてくれます。

鴨氏は言います。「映画やTVの俳優だけでなく人は誰しも日常的に演技をしている」「仕事やプライベート、会う人やTPOによって、自分の内にある別のキャラクターを意識的、無意識的に使い分けている」と。

交渉の場、組織をまとめなくてはならない時、その場にあった最高のパフォーマンスを引きだすための行動を、意図的に行えるようになることが「演技力」であり、自らを「魅せる」ために必要不可欠な経営者の能力です。これは「技術」であり、技術は訓練することで誰しも身に付けることができます。

鴨氏とのワークショップを通して他者を見る目、そして自らをも客観的に見ることで今の「己」に必要な要件とは何かを、エンターテインメント業界における、人の心を動かし、惹きつけ、己を魅せる技術から、一緒に学んでみませんか?

そして、イベント後の懇親会では、WINE-WHAT!?の選んだワインとハラルフードを中心としたお食事もあります。

■ プログラム
15:30   開場・受付開始
16:00~16:30 第一部 本日お伝えしたいこと『事業維新What!?が提供すること』
16:30~19:00 第二部 グループ別ワークショップ『彼を知り、己を知る術を知る』
19:00~21:00 懇談会&個別経営相談
※個別経営相談は懇親会と並行して実施。事前予約制で4組限定。(15分/回) ご希望の方は『参加チケット(懇親会時の経営相談付き・4組限定)』よりお申込み下さい。経営相談のお申込みは、4組のお申込みがあった時点で締め切らせて頂きます。
21:00      イベント終了

■ 概要
日程:2019年9月14日(土) 16:00~21:00(15:30開場)
会場:UB1 Table
住所:東京都渋谷区渋谷1丁目2-5 B1F
アクセス:渋谷駅から徒歩8分 表参道駅から徒歩7分
参加費:10,000円(税込)
定員:50名
※個別経営相談を懇親会と並行して実施。事前予約制で4組限定。(15分/回) ご希望の方は『参加チケット(懇親会時の経営相談付き・4組限定)』よりお申込み下さい。経営相談のお申込みは、4組のお申込みがあった時点で締め切らせて頂きます。
主催:株式会社Bizres
共催:株式会社 クロスメディア・コンサルティング、株式会社 INSTYLE PUBLISHING