「ベッドロック」 モーガン・トゥワイン・ピーターソン

5413-1

2016年2月1日、サンフランシスコ・クロニクル紙 2014年ワインメーカーズ・オブ・ジ・イヤーにも選ばれた注目の若手生産者「ベッド ロック」のモーガン・トゥワイン・ピーターソンが共同経営者のクリス・コトレル氏とともに来日し、試飲会、懇親会が開催された。1981年生まれ、5歳からワインのブラインド・テイスティングでメルロとジンファンデルをききわけ、ドメーヌ・デュジャックの全房醗酵に学び、サンジャコモの葡萄でピノ・ノワールを造り有 名レストランでオンリストされるという天才ぶりを示したモーガン・トゥワイン・ピーターソン。今回はジンファンデルを中心に紹介。彼が推進するカリフォルニアの古樹を衛プロジェクト、試飲を交えてのセミナーも開催された。

「ドメーヌ・ギュイモ・ミッシェル」 ソフィー・ギュイモ女史

5413-2

ブルゴーニュ地方マコン地区のビオディナミの生産者である「ドメーヌ・ギュイモ・ミッシェル」現当主の娘さんであり、今回初リリースするマールの造り手でもあるソフィー・ギュイモさんが来日。プレスランチが開かれた。マコンでは古く92年からビオディナミでブトウを栽培し、それによって自分たちのワインを表現しているという。その品質はフランスのなだたる三つ星レストランがオンメニューされている実力派なのだという。実にチャーミングなソフィーさんでした。

5413-3

「GIOIA」ブランドのワイン発表 グッチオ・グッチ

5413-4

グッチ家4代目グッチオ・グッチ氏とジオイアジャパンが世界展開を見据えて今春誕生した「GIOIA」ブランド。その1つ「GIOIA」ワインを発表し、そのガラディナーが3月18日に開かれた。各界の有名人が参列する中、「GIOIA」 のスパークリングワインがウェルカムドリンクとして振る舞われ、ガラディナーはスタート。さまざまなパフォーマンスも織り込まれた華やかな一夜に酔いしれた。

「ピエール・フェロー」 イヴ・ドミニク・フェロー

5413-5

1882年創業という歴史のある造り手でパリにボジョーレーのワインを広めた先駆者的存在、ボジョーレーの 産者「ピエール・フェロー」の当主、イヴ・ドミニク・フェローが日本に輸入を開始して30年という節目の年に来日した。プレスランチが帝国ホテルの「レ・ セゾン」で開かれ、日本初上陸のヴィンテージ1985年や貴重な蔵出しクリュ・ボージョーレーのオールドヴィンテージが供された。

5413-6

この記事を書いた人

WINEWHAT
WINEWHAT
年末はこの1年の感謝を込めてシャンパーニュを開けまして。

キリスト教とは無関係でも開けまして。

正月は新しい1年の無病息災を祈って開けまして。

あけましたらおめでとうございます〜。