世界の難民支援を行なっている国際NGO「JEN」主催のワインチャリティイベントが、今年も開催決定。10月28日(月)19:00から東京八重洲の「アンジェロコート東京」で行われる。
シャトー ラグランジュ

シャトー ラグランジュ

ボルドーのグランクリュをチャリティで

毎回好評を博すJENチャリティワインだが、今回は、なんとシャトー ラグランジュが楽しめるという。

シャトー ラグランジュは、フランスのボルドー、メドック地区にある17世紀初頭から続く由緒あるシャトー。グランクリュに格付けされている。

あのシャトー・マルゴーの伝説的な復活を手がけたエミール・ペイノー博士の門下生だった、サントリーの鈴田健二氏がこの名門シャトーで、師匠と並び称される復活劇を演出したことは、今でも語り継がれている。

当日は、そんなシャトー ラグランジュが造り出すワインのフルラインアップとともに、6皿のフルコース料理を楽しめる。シャトー ラグランジュの副会長であり、鈴田氏の理念と情熱を受け継いだ椎名敬一氏のミニトークショーも開催されるとあって、まさにワイン通注目のイベントだ。

このチャリティワイン会の収益は、パキスタンでの支援に役立てるという。ワインを飲んで社会貢献ができるなんて、嬉しいではないか。ワインホワット!?も、応援したいと思う。

シャトー ラグランジュ チャリティワイン会

日時:2019年10月28日(月) 19:00〜21:30(受付開始18:30)

会場:アンジェロコート東京
https://angelo-court-tokyo.com/
東京都中央区八重洲1-9-9 1階
03-6225-5491

アクセス:東京駅八重洲中央口 徒歩1分
地図

定員:72名

参加費:特別席18000円/一般席15000円
※全て着席形式。
※特別席は、シャトーラグランジュ副会長椎名敬一氏と同じテーブル。6席限定。

内容:以下のワインに合わせた6皿のフルコース料理
    レ フルール デュ ラック 2015
    レ ザルム ド ラグランジュ 2016
    ルオー メドック ド ラグランジュ
    レ フィエフ ド ラグランジュ 2012
    シャトー ラグランジュ 2016
    シャトー ラグランジュ 2006

シャトーラグランジュ
    

協賛:シャトー ラグランジュ、サントリーワインインターナショナル株式会社、株式会社ファインズ

イベントの詳細、お申し込みはこちらから
http://www.jen-npo.org/wine2019

椎名敬一氏
 

椎名敬一プロフィール
1960年生まれ。1985年サントリー入社。葡萄栽培研究室勤務の後、1987年より西ドイツガイゼンハイム大学派遣。1988年ロバート・ヴァイル醸造所取得と立ち上げに参画し、1990年まで駐在。帰国後ワイン研究室、原料部、ワイン生産部課長を経て、2004年6月よりシャトー ラグランジュ副社長。2005年3月より同シャトー副会長に就任現場の製造にも携わりながら、復活から創造の第二ステージに歩みを進める。シャトー ラグランジュのグラン・デッサンを描くミッションを遂行中。

 
 

JENとは
平和な国際社会を目指し世界各地で紛争や自然災害により厳しい状況にある人びとへ「生きる力、を支えていく」をモットーに、緊急から復興の各段階できめ細やかな支援活動を行う国際NGO。1994年設立より一貫して、現地の人びとの力を活かした「緊急期から自立支援」を実施している。現在も、アフガニスタン、パキスタン、日本(東北・熊本)などで、緊急から復興までの各段階で、きめ細やかな支援活動を行い、設立以降、国連機関(ユニセフ、UNHCR、WFP、UNDP他)や日本政府(外務省)と連携して、世界各地で支援活動を展開している。