シャンボール・ミュジニーのドメーヌ・ユドロ・バイエに新世代が加わった。
ドミニク・ル・グエンさんとタンギーさん

終始笑みを絶やさない父ドミニク・ル・グエンさんと、後継ぎのタンギーさん。

現当主、ドミニク・ル・グエンさんの次男にあたるタンギーさんだ。タンギーさんはボーヌの醸造学校を卒業。ドメーヌ・パンシオでの修行を終え、半年前に帰ってきた。

新世代といわれたドミニクさんもすでに歳。そろそろ次の世代にドメーヌを渡す準備に入らねばならない年齢だ。ドミニクさんがワイン造りを始めたのは歳の時と遅い。以前の職業はフランス空軍のメカニックで、ラグビーの試合で知り合ったユドロ家のひとり娘、ヴァレリーさんと結婚。年に軍を退役し、ドメーヌを継ぐ決心をしたという。

ユドロ・バイエのセラー内

セラーの中、「私はブルゴーニュ人であることに誇りをもっている」と書かれている。

就いだ当時はわずか5000本しか元詰めしておらず、ドメーヌではほとんどのブドウをネゴシアンに売却していたが、今は引く手数多で足りないほど。それもドミニクさんがめきめきと腕を上げ、素晴らしいワインを造るからにほかならない。

「自分の醸造スタイルが固まったのは2007年あたりでしょうか。初めの数年は手探りでした。色を出そうと盛んにピジャージュしたら、タンニンの渋さまで出ちゃって。これはまずいと、こまめに試飲しながらピジャージュするようにしました」。

ドメーヌ・ユドロ・バイエ

シャンボール・ミュジニー村にあるドメーヌ・ユドロ・バイエ。最近、セラーを拡張。

手狭になったセラーを近年拡張。ますます勢いにのるドメーヌへの新世代ご帰還だ。かつてドミニクさんがそうであったように、息子のタンギーさんも悩みもがきながら成長していくに違いない。

ユドロ・バイエのワイン

左はブルゴーニュ・ブラン・キュヴェ・ファミーユ(2017年は6,500円)。戦後すぐに植えられたピノ・ブラン100%の白ワイン。シャルドネとはまた違うふくよかさをもつ。右はシャンボール・ミュジニー・ヴィエイユ・ヴィーニュ(2017年は9,500円)。樹齢60~80年の古木から造られている。まろやかで優しい果実味をもち、フレッシュでシルキーな喉越しのワイン。

ブルゴーニュの新しき造り手たちINDEX

この記事を書いた人

WINEWHAT
WINEWHAT
桜吹雪が舞う中で、社会的距離を取りながら

新しい季節の無病息災を祈って

今日もワインを開けてみよう

明日も新しいこと、やってみよう