6799-1

ワインホワット編集部でも、仲間うちでハロウィンパーティをした。参加者それぞれがワインを持ち寄って楽しむスタイル。パーティ前日まで、どんなワインを持っていくか、ずっと頭を悩ませていた。

というわけで、なんか、面白いのないかなぁと期待しつつ、日本橋三越の「ラ カーブ」へ行ってみた。ここは、珍しいワインも置いてあるので、プレゼントを探すときなどにはよく利用する。ワインに詳しいスタッフもいるのでワイン初心者にもオススメだ。

ちょうどハロウィンフェアをやっていたのだが、そこでハロウィンにぴったりのワインを見つけてしまった。いや、ハロウィンだけではない、仲間内で盛り上がりたいパーティにはもってこいじゃないか。このラベルだけで、話を広げられる。

写真を見ていただければわかるが、ドクロのラベル。これハロウィン仕様というわけではないらしい。これは面白い。しかも、スパークリングもあるではないか。他に白、ロゼ、赤3種の合計6種類があるという。どれもドクロラベル。

カリフォルニアの新進気鋭。日本初上陸だという。ワイナリーの名前は「クロニック・セラーズ」。少し試飲してみたが、個人的には赤がオススメ。ラベルのインパクトとは違って、優しいエレガントな味わいで、コクも深い。このギャップなら、味でも驚いてもらえる。ラベルと味、2度のサプライズを提供できる。

今回は、スパークリングと、プティシラーとシラーを混ぜた「スイート・プチ」という名の赤ワインを買うことにした。スパークリングはハロウィンパーティ用で、赤は、来月の友達の誕生日パーティで飲むつもり。ドクロラベルのワインは、あの悪友と飲むにはもってこいだ。きっと喜んでもらえると思う。

この記事を書いた人

WINEWHAT
WINEWHAT
年末はこの1年の感謝を込めてシャンパーニュを開けまして。

キリスト教とは無関係でも開けまして。

正月は新しい1年の無病息災を祈って開けまして。

あけましたらおめでとうございます〜。