寒さが増すにつれ、ワインとチーズを欲するのは心身が暖を取ろうとしているのだろうか。
人が集まる場所に、ワインとチーズを持って。独りのワインの時間は、そんな語らいのひと時を思い出しながら暖を取る。寒さが厳しくなるにつれ、人との触れ合いによる温かさは奥深くなっていく。

ワインとチーズ

お正月の三が日を過ぎ、1月5日は小寒の日。これから寒さはさらに厳しさを増す。仕事初めだと身体を起こし、寒さの中で気怠い朝を迎える。冷蔵庫を開けると、年末年始の楽しい宴の跡がまだキンと冷えて生きている。少しだけ余ったお節の残りや、チーズの切れ端を見ながら、まだ心は年末年始。数日間はリハビリが必要のようだ。

家族や友人との久しぶりの語らいを思い出す。日頃の忙しさの中でどこかへ忘れてきてしまった本来の自分に戻ることは、少し照れくさい。だが、その語らいの時間は必要だったと気付く。時間が経つにつれ顔が火照りながら、ワインのせいだと照れくささを隠す。身体と心が求めている温かさ。ワインを片手にチーズをつまみながら、人との繋がりとともに、自分自身との繋がりを感じて、また1年がスタートする。

~HomeWineRecipes~


年末年始で少しずつ余りがちなチーズを使って2品ご紹介です。滑らかなクリームポテトにブルーチーズをプラスしたおつまみや、市販品を組み合わせたお手軽ピンチョス、ぜひお試しください。

【Recipes】ブルーチーズクリームポテト

ブルーチーズクリームポテト

【材料4人分】
じゃがいも 300g
牛乳 60ml
塩 小さじ1/4
ブルーチーズ 30g
オリーブオイル 適量
黒こしょう 少々

【作り方】
1  じゃがいもは皮を剥き4等分する。 鍋にじゃがいもと水をかぶるくらい入れ、柔らかくなるまで10~12分ほど茹でる。
2  ①の湯を捨て、熱いうちにじゃがいもを潰す。
3  ②に塩を入れ混ぜ、牛乳を少しずつ入れながら、ハンドミキサー・または泡立て器で滑らかにクリーム状になるまで混ぜる。
4 ③にブルーチーズを半量入れて混ぜる。 小さな器に入れ、残りのブルーチーズを乗せる。オリーブオイルをサッと回しかけ、こしょうを挽いてできあがり。

レシピ掲載元:https://oceans-nadia.com/user/14762/recipe/145443

【Recipes】黒豆チーズの和ピンチョス

黒豆チーズの和ピンチョス

【材料4人分】
市販のカステラ 2個
白カビチーズ 10g
黒豆 8粒
黒豆煮汁 大さじ1
醤油 小さじ1/4

【作り方】
1  カステラは8等分する。チーズは8等分する。 黒豆の煮汁と醤油を合わせておく。
2  カステラの上に、醤油を加えた煮汁を少量落とし煮汁を染み込ませる。その上にチーズ・黒豆を乗せて串で刺す。

レシピ掲載元:https://oceans-nadia.com/user/14762/recipe/145408



これから寒さは一層厳しくなる。
おうちでワインを開けて、チーズをつまみながら、さて何を話そうか。

この記事を書いた人

紀子
紀子
1985年生まれ。
J.S.Aワインエキスパート。
小さなワインのお教室をしている傍ら、ワイン好きによるこだわりの創作おつまみレシピを料理サイト・ブログで掲載。
女性の皆さまへワインライフが豊かになるコツを発信中。
blog: http://ameblo.jp/norikostyle2