ガリガリっと食感の良いビスコッティは、カフェオレに浸すのはもちろん、ワインのお供にもオススメです。混ぜて焼くだけの簡単なシンプルレシピをアレンジして、お好みの味わいを探してみてはいかがでしょう。

焼き菓子とコーヒー、焼き菓子とワイン。文字を見るだけでもなぜか幸福な気持ちになれるのは何故でしょう? この組み合わせは甘党で無くてもそそられますね。朝食変わりにビスケットをカフェオレで流す感覚は、心は忙しなく急いでいながらも甘さと温かさが身体を癒しているように思えてなりません。ビールに甘いお菓子を片手に…という感じにはなりづらくとも、ワインに甘いお菓子を合わせる方も多いのではないでしょうか?

ワインに合うお菓子 

最近は、「ワインに合うお菓子」をよく見掛けます。ワインに合うクッキー、ワインに合うラスク、ワインに合うチョコレートやケーキ。お酒が進むような塩辛い味わいとは少し違う、チーズの香りやスパイスの香りでワインが進みそうなオシャレなお菓子が多いですよね。

2月のバレンタインや3月のホワイトデーの売場でも、「ワインと一緒に!」というお菓子をよく目にしました。ワインは、食中にはもちろんですが、食前や食後のデザートとも楽しむことができ、塩辛いおつまみから甘いお菓子まで幅広く対応できる飲み物ですね。

今回はコーヒーにはもちろん、ワイン片手にオススメなシナモン風味のビスコッティをご紹介します。ビスコッティはガリガリっとした食感の良いイタリアのクッキーです。通常のクッキーのように型抜きをすることなく、混ぜ合わせた生地を焼き、生地を包丁で切って再度焼くだけ。調理はほとんど焼き時間なので意外に簡単に作れてしまいます。さらに材料もシンプルなので、自分好みにアレンジしてお楽しみいただけますよ。

~HomeWine*Recipes~


簡単シナモンビスコッティ

簡単シナモンビスコッティ 

≪材料(作りやすい量)≫
小麦粉 130g
砂糖 大さじ3
ベーキングパウダー 小さじ1/2
シナモンパウダー 小さじ1
卵 1個
牛乳 50ml

≪作り方≫
【1】 ボールに小麦粉と砂糖・シナモン・ベーキングパウダーを入れてよく混ぜる。
【2】 ①に卵と牛乳を混ぜ合わせたものを加え、全体をよく混ぜる。
【3】 オーブンシートに生地を乗せ楕円に成形し、180℃で20分焼く。
【4】 焼けたら取り出して1cm幅にカットする。
【5】 オーブンシートに広げ、再度オーブンで180℃で8分ずつ両面焼く。

1cm幅にカット 

≪アレンジ*ポイント≫
ワインにさらに合うように塩ひとつまみ加えても美味しいです。ナッツやドライフルーツを刻んで加えると食感と甘味がアクセントになります。チーズや生ハムを乗せてもカナッペのようなおつまみに変身します。

全工程写真付きレシピ:
https://oceans-nadia.com/user/14762/recipe/123208

小腹がすいたおやつにも、朝食にも、そしてワインとともに一日の終わりに。ぜひお試しください。

この記事を書いた人

紀子
紀子
1985年生まれ。
J.S.Aワインエキスパート。
小さなワインのお教室をしている傍ら、ワイン好きによるこだわりの創作おつまみレシピを料理サイト・ブログで掲載。
女性の皆さまへワインライフが豊かになるコツを発信中。
blog: http://ameblo.jp/norikostyle2