糖質は気になる。でも、極端な糖質制限では、食事が楽しくない。そんな悩みに光明をもたらす概念、「ロカボ」。

資生堂パーラーが運営する、東京 銀座のイタリアンレストラン「ファロ資生堂」は、2014年の夏から、糖質に気をつけた食事をしているひとびとが、家族や恋人と楽しくテーブルをかこめるように、と『糖質に配慮したコース”Menu Luce(光)”』を用意しているけれど、これは「ロカボ」な食事。

4月20日(木)、ファロ資生堂は、このコースを監修した、北里研究所病院 糖尿病センター長 山田 悟氏を迎え、ロカボ&糖質セミナーを開催する。さらに『糖質に配慮したディナー』も楽しめるという、おいしいチャンスだ。


名店でおいしく知る、糖質とロカボのこと

イタリア語で「灯台」という意味をもつ、資生堂パーラーが運営するイタリアンレストラン「ファロ資生堂」。「ミシュランガイド東京」にて1つ星を9年連続で獲得している、東京 銀座の名店だ。

ファロ資生堂では、2014年の夏から、糖質に気をつけた食事をしているひとが、家族や恋人と楽しくテーブルをかこめるように、と『糖質に配慮したコース”Menu Luce(光)”』を用意しているのだけれど、このコースを監修したのが、北里研究所病院 糖尿病センター長の山田 悟氏。

山田氏は、日々1,300人の患者と向き合いながら、食べる喜びが損なわれる糖尿病治療において、いかにQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を上げていけるかを追求。

肥満や生活習慣病を引き起こしやすくなるといわれる、食後の血糖急上昇を抑える、ゆるやかな糖質制限「ロカボ」の考え方を普及させるべく、一般社団法人 食・楽・健康協会を、2013年11月14日に、たちあげた。

4月20日(木)の夜、ワード資生堂サロンで開催となるのは、この「ロカボ」と「糖質」について、山田 悟氏本人から教わりながら、さらに糖質に配慮したディナーも楽しむという、なんともおいしいイベント。


北里研究所病院 糖尿病センター長 山田 悟氏


4月からの新生活で、あらためて食生活が気になりはじめた読者は、このチャンスに、「ロカボ」を味わってみてはいかがだろうか。

ファロ資生堂 ロカボ&糖質セミナー
日時|2017年4月20日(木)18:30~21:00 ※受付開始18:00~
会場|東京銀座資生堂ビル8階 ワード資生堂サロン
参加人数|20名(申込先着順)
内容|18:30~19:00 山田 悟 氏によるロカボ&糖質セミナー
   19:00~21:00 山田 悟 氏とともに会食
   メニュー『糖質に配慮したコース“Menu Luce”』
   (6品+パンの合計糖質量40g以下のコース)
参加費用|¥16,500(セミナー、糖質に配慮したディナーコース、ドリンクコース、税・サービス料込)
*ドリンクは『アルコールコース(スパークリング・白ワイン・赤ワイン)』または『ノンアルコールコース(3種)』より選択
申込方法|「ファロ資生堂」にて4月3日(月)~電話受付
     03-3572-3911(月~土曜日 11:30~23:00)
     *先着順、定員に達し次第終了

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ワインと食のライフスタイルマガジン「WINE-WHAT!?」編集部です。
ただいま7月号(通巻17号)、絶賛発売中です!
カリフォルニアに行って、サステナビリティとはなにか? を勉強してきましたので、最新情報をお届けします。
ギョウザ・カラアゲ・タコヤキとシャンパーニュのペアリングも!
WINE-WHAT!? はワインと食を探求し続けます。