ワインカントリーで本格日本料理が食べたい。その希望に応え、ナパにオープンした「Kenzo」とは? 辻本憲三だからできた本物の日本料理店。

ケンゾー、ナパに本物の日本料理店をつくって

「ケンゾー、このナパに本物の日本料理店を開けるのはあなたしかいないわ」

昨年亡くなったマーグリット・モンダヴィさんは、辻本さんにつねづねこう語っていたという。マーグリットさんは、近代カリフォルニアワインの父、故ロバート・モンダヴィさんの夫人。

戦後の一時期、日本に住んでいた経験があり、知日家として有名だ。そんな彼女の期待に応えるべく、昨年11月、ナパのダウンタウンにオープンしたのが「Kenzo」。奇をてらうことなく、オーセンティックな懐石料理と寿司を提供する日本料理店である。

料理を手掛けるのは、京都と赤坂の菊乃井で料理長を務めた小野山英治さん。

鮮魚は日本から空輸される素材をサンフランシスコの業者を通じて手に入れつつ、米や野菜類は地元産を利用。

京都と赤坂の菊乃井で研鑽を積んだ小野山英治さん。現地に合わせてアレンジせず、塩加減も日本のままを貫く。



水は当初、日本からわざわざ空輸していたが、ワイナリーの湧き水が美味しいとわかってからというもの、出汁を引くにもワイナリーの水を使用しているという。突き出しで出された白和えのワラビもワイナリーに自生しているもの。朝方、料理長自らワイナリーへ赴き、摘んできたのだとか。

もちろん、ここではケンゾー エステイトのワインが全種類グラス一杯から提供され、料理に合わせたペアリングコースも複数用意されている。

残念ながら、心待ちにしていたマーグリットさんはオープンの2カ月前に他界されたが、ここにはナパの名だたるワインメーカーやオーナーが訪れている。ここがナパのランドマークになる日も、そう遠くはないだろう。


日本料理らしく、2-3カ月ごとに献立は変わる。この日の八寸は鴨ロースやウニ、サーモンの笹寿司など

藁で1 分燻した鮪を自家製の胡麻ダレで。ケンゾー エステイトの「紫 murasaki」と素晴らしいハーモニー



レストランとワイナリーの関係を感じさせるのが、牛肉料理。ワインとのペアリングを意識した品だ。

懐石コースでも5貫の握り寿司がつくが、さらに寿司が充実した寿司コースもある。握るのは日本人の寿司職人。

Kenzo
住所|1339 Paerl Street Napa, California 94559
電話|(707) 2942049
開店時間|18:00 ~ 21:00 (L.O.)
定休日|月曜
懐石コース$225、寿司コース$225(いずれもサービス料込み)
URL|http://kenzonapa.com/ja/


この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼に合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼にタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!