広大な土地と豊かな自然に恵まれた北海道。その北海道の「ワイン」と「食」と「観光」のスペシャリスト、阿部さおりさんが一般にはまだ知られていない道内のグルメなお取り寄せ食材&スイーツを紹介します。北の大地の秋を満喫できるワイン関連のイベント・カレンダー付き!

1. 市川燻製屋本舗(岩見沢市)のスモーク



北海道の原料をベースに魚介や野菜、豆腐やチーズを燻製に。ソフトなスモークで香りが柔らかく、 ワインやお酒のおともにピッタリの北海道スモーク。生産数が限られているため、ネットでの注文は現在つけていない、とホームページにある。

住所/岩見沢市大和3条5丁目29
tel.0126-20-0300
www.ichikawakunseiyahonpo.co



2. ノースプレインファーム(興部町)の乳製品



雄大な自然溢れるオホーツクの牧場で育つ良質な牛乳が原料。有機認証の牛乳、ヨーグルトやチーズ、発酵バター、生キャラメルなど、素材にこだわる安心で美味しい、オーガニック乳製品。ンモ〜、こんなのが日本にあったなんて!

住所:紋別郡興部町字北興116-2
tel.0158-88-2000
northplainfarm.co.jp



3. 奥尻ワイナリー(奥尻島)の純生ロールケーキ



日本唯一の離島ワイナリー、奥尻ワイナリーの白ワイン「ピノ・グリ」を使ったロールケーキ。スポンジのふわふわな食感に、ブドウの香りがほのかに漂うクリームの余韻は、まさにワインのニュアンスを感じるエレガントな逸品。奥尻ワイナリーのホームページには載っていない、隠れキャラ的存在です。

住所/奥尻郡奥尻島字湯浜300
tel.01397-3-1414
okushiri-winery.com



4. ナナクラ昆布(札幌市)のこんぶ



「もらって嬉しいおしゃれな昆布」がコンセプト。日高みついし昆布を原料に、昆布の素材そのものの美味しさを若い世代まで伝えられるように、スタイリッシュなパッケージでデザイン。出汁はもちろん、料理の素材にもぴったりの「極細こんぶ」はつい手に取りたくなる逸品。

nanakura-kombu.com



5. ちょびりこ。ジャム研究所(札幌市)の野菜ジャム



北海道の美味しい野菜を使った野菜ジャム。パッケージのキュートさはもちろん、保存料を使わず甘さは控えめで身体に馴染む、優しいジャム。女性目線で大注目の人気商品。

住 所:札幌市東区北25条東9丁目4−12
chobiricojam.blog116.fc2.com



6. 北村農園(新篠津村)の「ジュースピューレ」&「ピクルスジュレ」



北海道産トマト「シシリアンルージュ」「イエローミミ」とオホーツクの塩だけを使った旨味が濃厚なジュースピューレ。10種類のトマトをセットにした甘酸っぱいピクルスジュレは、そのままで、またワインにも絶妙なペアリング。

住所/石狩郡新篠津村41線北16
tel.0126-57-2406



7. 十勝清水フードサービス(十勝清水町)の「十勝若牛」



「十勝若牛」は、十勝清水町農業協同組合(代表理事組合長 串田雅樹)が独自に開発した飼養技術により、生後約14カ月で出荷するホルスタインの早期肥育牛。クセが少なく柔らかい肉質、牛肉本来の旨味に満ちた赤身の旨さとヘルシーさが特徴。子供から大人まで大人気。

住所/北海道上川郡清水町字清水419-79
tel.0156-62-1129
www.ja-shimizu.or.jp/foodservice



8. 善生農園(岩見沢市)の「善生さんの自慢の米」



普段はごはんを食べない子どもが「美味しい」といって何杯もおかわりをしてくれるようなお米づくりがモットー。堆肥や精米後の米糠をふんだんに使った、土作りに力を入れている。自家生産、自家精米100%。食の感動を与える善生農園さん自慢のお米。

住所/岩見沢市栗沢町小西484
tel.0126-45-2854

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼に合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼にタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!