パリのショコラティエ、ジャン=ポール・エヴァン。JEAN-PAUL HÉVIN JAPONは、2017-2018年新作コレクションを発表した。

ジャン=ポール・エヴァンさん。ビュッシュ ジェオメトリックを手に

4つのビュッシュが登場

ショコラティエとして、パリに「JEAN-PAUL HÉVIN」のブランドが誕生したのは1988年のことなのだそうだ。

2018年は、そこから数えて30年の記念すべき年。ちなみに日本上陸は2002年の9月とのことで、つまりすでに15年になろうとしいている。創造性あふれるショコラで、いつも新鮮な楽しみをもたらしてくれるジャン=ポール・エヴァン氏だけに、筆者はこの長い歴史が意外だった。

その、ジャン=ポール・エヴァン氏が来日し、新作コレクションを発表した。2017-2018年のテーマは«Année Trente»。つまり自身のブランドの30周年と1930年代をかけている。

まずは年末年始といえば、のビュッシュから。ビュッシュは丸太、切り株、あるいは薪を意味するフランス語であると同時に、薪のように見えるお菓子を指し、クリスマスケーキの定番中の定番。ビュッシュ・ド・ノエルとも呼ばれる。ビュッシュは今回、4種類が発表された。

ビュッシュ ジェオメトリック。その外観は、オランダのデザイナー、ヘリット・トーマス・リートフェルトの代表作「赤と青の椅子」に強いインスピレーションを受けている。真四角なビュッシュは、ペルー産カカオとブナの木でスモークしたクリームのムースを、ケシの実のクルスティアン、アーモンドとカカオのビスキュイ、ローリエ風味のシブースト、ヘーゼルナッツのダコワーズが仕切って、ビルのような構造をしている。

ビュッシュ オクロック。その名のとおり、時計の形をしている。12時30分を指しているの30周年を記念しているから。ベルガモット風味のビスキュイを基部にしたマダガスカル産カカオのムースの中に、フランボワーズのジュレをのせたアーモンドのビスキュイと柚子のシブーストをのせたヘーゼルナッツのダコワーズが入り込んだ、複雑な構造をしている。

Bûche Géometrik|ビュッシュ ジェオメトリック

Bûche O’clock|ビュッシュ オクロック



ビュッシュギャッツビー。エンパイアステートビルのエレベーターの鉄柵から着想を得ている。こちらはグルテンフリーのビスキュイ ショコラをベースとして、ビターチョコレートのムースによるビュッシュで、内部に、ヴァニラ風味のシブースト、栗とヘーゼルナッツのダコワーズ、そしてもう一度、グルテンフリーのビスキュイショコラが入っている。

ビュッシュ サン ジェルヴェ。サン ジェルヴェ レ ヴァンといえば、モンブランにほど近いフランスのウインタースポーツのメッカ。アイスのビュッシュで、ジャン=ポール・エヴァン氏が「好きすぎて食べすぎてしまう」という栗をふんだんにつかい、アーモンドのビスキュイの上に栗のパフェとアイスクリーム、全体をクレーム シャンティイが包む。残念ながら、発表会では画像しか登場しなかった。

BûcheGatsby|ビュッシュギャッツビー

ここまで解説した構築的なビュッシュは切り分けるとこうなる。画像一番上がビュッシュ ジェオメトリック、左がビュッシュ オクロック、右がビュッシュギャッツビーであり、その下に、“ドロップ”と名付けられたボンボン ショコラとマカロンがならぶ

そのほか、“ドロップ”と名付けられた、マカロンとボンボン ショコラも、登場している。バレンタインデーのしかけは、ジャン=ポール・エヴァン 30年の歴史をふりかえるようなものにしようとしている、とのことだけれど、手提げ袋については、シュールレアリズムやジョルジョ・デ・キリコなどの絵画をイメージしたようなものになっているので、これまた30年代イメージでもある。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼に合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼にタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!