フランス国内No.1ブランドが送り出した限定ヴィンテージ・キュヴェには、恵比寿の名店「和の食 いがらし」のコース料理がよく似合う。
繊細なシャンパーニュの職人の手仕事×繊細な日本料理の職人の手仕事から生まれた、美酒・美食の贅沢なマリアージュ。

圧倒的な相性の良さ

今、醸造家を始めとし、シャンパーニュを知り尽くした本国フランスのメゾン関係者内に日本料理通が急増しているのをご存じだろうか? 

その理由はもちろん、圧倒的な相性の良さにほかならない。

さらに、旬の素材の繊細な味わいを生かすため、一見シンプルに見える裏に丁寧な職人の手仕事が潜んでいるのが日本料理の身上。

日々自然の産物であるブドウと向き合い、リザーブワインの徹底した管理や巧みなアッサンブラージュの技術でブランドの顔となる1本を生み出すことに情熱を注ぐ彼らが、日本の職人技に共感と尊敬を覚えていることも大きな要因なのである。

早速その相性を検証すべく恵比寿「和の食 いがらし」店主、五十嵐明良さんに「ニコラ・フィアット アンシャントメント スペシャル・エディション2009」を委ねた。



「ニコラ・フィアット」の創業は、1976年。そこからわずか30年余りで販売数量フランス国内No.1、世界ベスト3へと目覚ましい躍進を遂げた。

創始者ニコラ・フィアットはビジネスでの成功を夢見てアメリカに渡り、コーヒー豆の輸入で大成功を収めた起業家だ。その後、シャンパーニュ地方ランスの畑を譲り受けたことをきっかけに、持ち前の進取とパイオニア精神でもってメゾンを創設。つねに一流を目指し、「フレッシュ&エレガント」をキーワードに掲げて、ほかにはない味わいのシャンパーニュを目指す。

そして、天候に恵まれた2009年収穫のブドウを使用し、72カ月の長期熟成を経た限定ヴィンテージ・キュヴェが、このスペシャル・エディションである。

ニコラ・フィアット
アンシャントメント スペシャル・エディション2009

ハチミツやヘーゼルナッツ、アーモンド、ドライフルーツに可憐な花の香り。フレッシュなアタックからきめ細かい泡の刺激を経て複雑で力強い旨味が口中に広がり、優美で長い余韻へとつながる。
●品種:ピノ・ノワール40%、ピノ・ムニエ40%、シャルドネ20%
●ドザージュ:8g/L
●希望小売価格:5,950円

「力強く立ち上る蜜のような香りに、深みのある味わい。繊細さと複雑味を兼ね備えているので、コースで楽しんでいただく日本料理にぴったりだと思います」

そうスペシャル・エディション2009を評した五十嵐さんは、「いがらし」の8,800円のコースのなかから「海老芋の唐揚げ」をイチオシとして提案した。

海老芋の唐揚げ
ねっとりクリーミーな食感の海老芋を出汁で炊き、唐揚げに。

ほのかに地中のミネラルを感じさせる芋の香りに、なめらかな酒質に合うねっとりした食感。一度出汁で炊くことで含ませた出汁の旨みにくず粉をまとわせ、カラリと揚げた一品だ。

日本料理の敷居を下げるべく、今秋から八品の料理のうち椀物、焼物、揚物、煮物を選べる、どこまでもお客に優しいお好みコース(8,800~13,000円)をスタートしている。

「フレンチなどより使用する油のボリュームなどが少ないので、和食にはブラン・ド・ブランなどをイメージしがちですが、トータルでの展開を考慮すると、黒ブドウの厚みがあるシャンパーニュの方が合わせやすんです。これならお客さまに喜んでいただけること間違いなしです!」と五十嵐さん。

実直な仕事ぶりで鮮やかに旬の美味を一皿に込める職人の審美眼をも納得させたラグジュアリーなミレジムのシャンパーニュ。その美しいマリアージュ、今すぐ体感すべし!



和の食 いがらし
東京都渋谷区恵比寿4-9-15 HAGIWARA BLDG.5 2F
Tel.03-3447-9893
営業時間:18:00~最終入店21:00 
休日:日・祝日 
※「ニコラ・フィアット アンシャントメント スペシャル・エディション2009」は期間限定でオンメニューされます。ぜひ、このフードペアリングをお楽しみ下さい。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ブオンジョルノ! ミ・キアーモWINE-WHAT!?やでなも。

コメスタイ? ベーネベーネ。

アモーレマンジャーレカンターレ、モールト呑んでたもーれ!

サンジョベーゼネッビオーロ、ボーノボーノ。

WINE-WHAT!?買ってくださーれ! グラッツェ。