フランスのラ・キュべ・ミティークのスパークリングか、オーストラリアのピーター・レーマン・ワインズのバロッサ・シラーズか。
それぞれにピッタリのお店とお店の自慢料理をご紹介します。これは使えますぞ。

ラ・キュベ・ミティークとは?

LA CUVEE MYTHIQUE SPARKLING BRUT BLANC
ラ・キュベ・ミティーク
スパークリング ブリュット(白)



●生産国/地域:フランス/ラングドック
●品種:シャルドネ
●希望小売価格:2,000円 

保守的なワインの造り手が多いフランスのなかで、南フランスは自由闊達な空気にあふれる。日照量に恵まれた銘醸地としての歴史を大切にしながら、新しい醸造技術の導入にも積極的。と同時に、地に足のついた価格帯のワインにこそ力を注ぐ、消費者にとってはありがたい産地だ。ふくろうのアイコンでお馴染みの「ラ・キュベ・ミティーク」シリーズも、この南仏ラングドック産。

リリースするのは現地の生産農家、約2500軒が加盟している組合「ヴィナデイス」である。多数の農家をメンバーに抱えるということは、レベルの高いブドウが選び放題ということ。「ラ・キュベ・ミティーク」は、このワインにふさわしいとされたブドウだけを用いて造る、組合の威信がかかったシリーズだ。

そんな彼らがスパークリングを造るとなれば、やはりシャンパーニュと同じ瓶内二次発酵。12カ月の瓶熟成期間を経た泡は細かく立ち昇り、柑橘と花の香る高貴なスタイルに昇華させている。



ラ・キュべ・ミティーク派ならココ! その1

Meat Chops〜牛タンのホロホロ白ワイン煮〜

牛タンのホロホロ白ワイン煮(1,480円)
「ほほ肉の赤ワイン煮」の対抗枠として登場。タン好きは必食。

ブクロの隠れ家で、ふくろうの同志発見

焼トンひと筋10年、東池袋の裏通りに息づくオヤジたちのオアシス……が4年前に宗旨替え。豚だけでなく牛、鶏、鹿、鴨となんでもござれな「ミート・チョップス」へと華麗なる転身を果たした。

「夜になると、本当に店の前を通る人がいない~」と笑うのは、店長の西城康雄さん。サンシャイン60のお膝元は、オフィスビルが建ち並ぶ。店の周辺も例外でなく、たまたま通りかかるフリー客は、まず来ない。その分、隠れ家感は100点満点。飲み会の幹事に任命されたら、「俺、いいトコ知ってるんで!」と仲間に自慢できる絶好の店だ。

スパークリングをボトルでオーダーするのはグループ客がメインだが、「カップルでも、キュベ・ミティークのスパークリングならボトルがオススメ。食と合わせやすい1本をゆっくりシェアしつつ、2人の時間を大切に過ごしていただけます」と西城さん。

一番人気のメニュー「チキカラ」(99円)は必ず試すとして、キュベ・ミティークを堪能するなら、「牛タンのホロホロ白ワイン煮」に挑戦を。

口中でほどけていくやわらかさは、一流の洋食屋レベル。なのに価格は洋食屋の約半額。シャンパーニュと同じ品種、製法ながらお手頃価格のキュベ・ミティークと同じ志の一品だ。ピーチなどを用いたソースも、キュベ・ミティークのフルーティさとすんなりリンク。ラ・キュべ・ミティークのふくろうは黄昏に旅立たないでブクロで待つ。



池袋★骨太串焼&オリジナル肉料理
Meat Chops

東京都豊島区東池袋1-27-5 関口ビル1F
tel:050-3464-3781
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日:無(ただし年末年始を除く)

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
メリー・クリスマス&ハッピー・ニュー・イヤーん!
2018年1月号(通巻20号)12月5日発売です!
特集は、石田博ソムリエと柳忠之さんによる「ヴィンテージ・シャンパーニュ27本テイスティング」と、柳忠之さんを座長とする「ワインと寿司のマリアージュ徹底検証」の2本立て!
岩瀬大二さんの「チリ紀行」にも注目。チリも積もればカベルネ・ソーヴィニヨンだけじゃない!
表紙はアニソンの女王・水樹奈々さんです。
ワインがスッキ、スッキ、スッキ、スッキ、ワインがスッキ、スッキ! 
へ、編集長、なんの替え歌だか若い人にはわからないです〜。