グランポレールワインバー トーキョー 銀座コリドー街店
七夕イベントも開催!

日本の気候風土の繊細な美しさをボトルに込める国産ワインブランド「グランポレール」。北海道、長野、山梨、岡山の4つの産地のテロワールを表現したプレミアムな味わいは、国内外で高評価を獲得し続けている。昨年末、その世界観を体験できる初のコンセプトショップとして銀座に誕生したのが「GRANDE POLAIRE WINEBAR TOKYO」だ。料理は、ブドウと同郷の食材を使用。さらに、季節ごとにもっとも美味なるペアリング企画なども開催する。日本ワインの目覚ましい躍進が改めて注目を集めている今、この国でしか味わえないマリアージュの感動を味わうなら、まずは訪れるべき一軒だ。

3803-1
3803-2


グランポレールワインバー トーキョー  銀座コリドー街店
住所:東京都中央区銀座8-2先 銀座コリドー街(山下ビル)1F
営業:月~土17:00~23:30、日・祝~22:30
TEL:03-3575-5222

オススメ!
グランポレール4種×マリアージュ4品

#1 北海道ケルナー × 北海道の海山の幸

3803-3

グランポレール 北海道ケルナー 辛口

世界的な名醸地、ドイツと似た気象条件を持つ北海道余市の日本海を臨む畑で育まれたケルナー種を使用する。アロマティックな品種の個性をきりっとした酸味が支え、さわやかさとやさしさが共存。料理を引き立てるドライな味わいながら、ほのかな甘酸っぱさが親しみやすく、夏の宵のスターターにもっとも心地よい1杯。

北海道産水蛸ときたあかりの青紫蘇風味580円

ブドウと同じく、北海道の海山の幸を青紫蘇の風味でまとめた一皿。淡泊ながらかみしめるほどに味わい深い水蛸とホクホクしたきたあかりの食感の対比も楽しい。セビーチェやカルパッチョ風でありながら、しっかり「和テイスト」。ワインの可憐な果実味と繊細な酸が重なれば、口中を涼風が吹き抜けるようなさわやかさに。

#2 信州シャルドネ × 信州サーモン

3803-4

グランポレール 信州シャルドネ

千曲川のほど近く、昼夜の寒暖差が大きく、降水量が少ないブドウにとって理想的な気象条件のもとに栽培されたシャルドネを使用したワイン。完熟したパイナップルなどのフルーツにハーブ、樽由来のヴァニラ香がバランスよく調和したふくよかな味わいで、すいすいグラスを重ねられるやさしさを兼ね備えた1本。

信州サーモンのカルパッチョ山葵風味1,080円

ニジマスとブラウントラウトを交配した、長野県が誇るご当地食材「信州サーモン」。コクがありながら、すっきり口中で溶ける信州サーモンの脂の旨み、緻密でしっとりした身質に山葵の風味がアクセント。心地よく広がるワインのボリューム感が重なれば、軽やかさと味わいの厚み、つややかさが共鳴するマリアージュが完成する。

#3 山梨甲州樽発酵 × 甲州健味鶏

3803-5

グランポレール 山梨甲州樽発酵

日本で800年以上の歴史を持つ固有品種、甲州種のワイン。柚子やかぼすのような奥ゆかしい柑橘類のアロマとほのかな苦みに小樽発酵によるリッチな香りが互いを尊重しながら拮抗する絶妙のバランス。繊細で楚々としたブドウ品種の個性を生かしつつ、日本ワインの可能性を示すポテンシャルを感じさせる味わいが秀逸。

甲州健味鶏のグリル ハニーオレンジソース980円

搾汁した後のブドウを飼料に加えた、山梨県生まれの「甲州健味鶏」はクセがない素直な味わいで、プリッとした歯ごたえが特徴。素材をシンプルにグリルし、オレンジ果汁と蜂蜜にバターでコクをプラスしたさわやかなソースで供する。ワインが持つかんきつの香りとソースが心地よい一体感を生むペアリングだ。

#4 岡山マスカットベーリーA樽熟成 × 岡山県牛窓産ジャンボマッシュルーム

3803-6

グランポレール 岡山マスカットベーリーA樽熟成

日本を代表するフルーツの産地、岡山県で栽培したマスカットベーリーAのはつらつとした魅力がたっぷり詰まったワイン。完熟したブドウの奔放な旨みに樽熟成による複雑さが相まって、軽やかなのに充実感がある味わい。少し冷やしてもおいしいので、湿気が多い暑い日でも飽きずに飲み進められるのがうれしい。

岡山県牛窓産ジャンボマッシュルームの肉詰め香草焼き1,500円

テーブルに登場すると、その大きさから歓声があがるというインパクト大のジャンボマッシュルーム。生ハムやトマト、アンチョビ、ガーリックなどを重ねて焼き上げた同店の人気メニューだ。キノコ系特有の菌モノの香り高さに多彩なコクと旨みが相乗した香り高さにワインが奥行きと広がりを与え、より印象的な風味に。

グランポレールを詳しく紹介した記事を見る
「国産ワインに星輝く“グランポレール”」

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ラグビー日本代表はワンチーム! 

One for all, all for one

WINE-WHAT!?はワインチーム!

Wine for all, all for wine