カレーライスが大好きだ。ワインも大好きだ。
しかし、カレーとワインの相性はあまりいいとは思えず、試したことはなかった。6月17日までの期間限定でオープンしているnakato cafeで、その組み合わせを試してみた。

ワインと洋食がうまいnakato cafeの正体

株式会社中島菫商店をご存知だろうか?
よく知っているという人はそれほど多くはないと思う。しかし、この会社が生み出したブランドは、みなさんよくご存知のはずだ。マヨネーズでおなじみのキユーピー、缶詰やジャムで知られるアヲハタを創業したのはこの会社。キユーピー・アヲハタグループの中核企業なのだ。

その中島菫商店が創業100年を記念して、期間限定でオープンしたのがnakato cafe。自社で扱うワインと、オリジナルブランドである「麻布十番シリーズ」や「MAISON BOIRE(メゾンボワール)」を使った料理を提供してくれる洋食カフェだ。

「麻布十番シリーズ」は、味のこだわりに定評がある高級レトルト洋食。この麻布十番シリーズのカレーがとてもうまい。レトルトとは思えない本格的な味わいなのだ。期間中は、ランチタイムにこのカレー2種をセットにしたダブルカレーがメニューとして登場する。ドライカレーと野菜カレーのセット、ドライカレーとバターチキンカレーのセットが週替わり。このほかにもパスタやドリアもある。

ディナータイムの注目は、「MAISON BOIRE(メゾンボワール)」のフムスやレバーパテ、帆立のオイル漬けなどとオススメワインがセットになったメニュー。これが絶妙のペアリングで、自宅で楽しむ時の参考になる。リゾットやグラタンなどの食事やデザートもあり、飲んべえも食いしん坊も、甘党も辛党も楽しめる。

レバーパテと赤ワイン

国産鶏レバーのパテと赤ワイン

 
帆立のオイル漬けと白ワイン

陸奥湾産ベビー帆立のオイル漬けと白ワイン

 
フムスとスパークリングワイン

フムスとスパークリングワイン

カレーとワインを合わせてみる

さて、そのnakato cafeで、カレーとワインという組み合わせを試してみた。ご飯の上にドライカレーがかかっており、野菜カレー、またはバターチキンカレーが別盛りになっている。ドライカレーをご飯とよく混ぜ合わせたところに、その上から別盛りのカレーをかけて食べると、これがとてもうまい。タベアルキストのマッキー牧元さんが教えてくれた食べ方だ。

さて、カレーにはどんなワインが合うだろうと数種類を試してみたのだが、いやそれが意外と合う。トマトやタマネギをたっぷり使った洋風仕上げのカレーだからだろう。

スパークリングは旨味のあるタイプがいい。赤は、ピノ・ノワールとピノ・グリージョがよく合った。白はシャルドネとソーヴィニヨン・ブランを試したが、どちらもイマイチという感じ。といっても全然ダメというほどではない。むしろ思っていたよりはずっといい。中でも、バターチキンカレーとシャルドネのペアリングはよかった。カレーにはゲベルツトラミネールが合うという人が多いが、この日のnakato cafeにはなかった。

結論としてはカレーとワインは合う。うまい。でも、これは恐らく麻布十番シリーズのカレーだからこそかもしれない。昔懐かしい洋風カレーで、シチューのようなトマトの酸味や野菜の旨味がしっかり感じられる。それがワインとの相性をよくしてくれるのだろう。

ドライカレーと野菜カレー

ドライカレーと野菜カレー

 
ドライカレーとバターチキンカレー

ドライカレーとバターチキンカレー


 
nakato cafe
 

nakato cafe

【開催期間】
6月17日(日)まで 11:00〜23:00

【開催場所】
ロイヤルガーデンカフェ青山
東京都港区北青山2-1-19
03-5414-6170

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ブオンジョルノ! ミ・キアーモWINE-WHAT!?やでなも。

コメスタイ? ベーネベーネ。

アモーレマンジャーレカンターレ、モールト呑んでたもーれ!

サンジョベーゼネッビオーロ、ボーノボーノ。

WINE-WHAT!?買ってくださーれ! グラッツェ。