てんとう虫の石川進之介が、今回から連載にて、美味しい食材との出会いと料理を紹介します。第一回は、プレゼントつきで、話題は桜鱒です。

漁師はライフルをもって桜鱒をとる

僕にとって、桜鱒の存在は特別である。桜鱒って聞くと僕はワクワクしてしまう。なぜなら美味しいからである。

と言ってしまえばそれまでなんだけれど、桜鱒の体高がヒールを履いた時の女性のふくらはぎのようでなんとも美しく見えるのだ。

以前、北海道の島牧という日本海側エリアで桜鱒漁に出たことがある。漁師の朝はam3時と早い。僕はこのとき、前日の酒が残っていて眠かった。でも、愛する桜鱒を追いかけるためには、と乗船したのだった。網が仕掛けてある沖合までたどり着くや否や、ライフル銃が出てきた。

えッ!?なにナニッ!!?

そして僕の真横で海に向かって連射するではないか!?

ドゥンッッ(驚:汗)

凄い音で目どころか全身が覚めた。

表情が優しそうな漁師さんを選んで忙しそうな時を避けて聞いたら、「マスの網にトドが入りよるからヤツらをおどすんよ!!」

「トド!?」さすがは北海道の大自然。

大量に船へとあがったマス達はトドと変わらないようなデカいがたいをした漁師達にバットで頭を小突かれ、気絶&氷水の水槽へダイブしていく。作業のスピードが圧巻!これが船上LIVEの迫力。鱒たちを1秒に 10連射するほどのたたき具合でドラムを叩いている人のように見えた。開いた口が塞がらなかった。

そして鱒網に入ってしまい出てきた多種多様な魚達とマスを見ていると、頭や胴体の一部には歯型がついているではないか。尾っぽ部分しかないのもあった。

 

そうか、これがトドの仕業か、ヤツらもこのマスの美味しさを知っている。  

 

春の香りがかすかに漂うと、桜と同時に僕もトドも桜鱒が待ち遠しい。  

桜鱒のパスタ

桜鱒・パスタ・ロゼ

去年、僕は北海道で桜鱒のパスタを作りプレゼントしてきた。それも北海道にあるワイナリーの畑で。

5月に、僕は北海道・余市で1つのワイナリーに偶然に出逢った。てんとう虫が草花をいったりきたりするように、今も毎月通ってサポートしている。てんとう虫を自称する僕の寄り場の1つである。

ワインエチケット貼りやコルク入れ、畑の草刈り、5年後に飲めるであろうスパークリングワイン用の葡萄苗の植樹に、収穫に、ウイヤージュ(ワインの量を樽の中を見て微調整する作業)から、醸造タンク洗い、ワインが出来上がるまでのイロハを滞在しながら体感させてもらっている。

通うにつれ農場とワイナリースタッフとも距離が縮まっていく。僕の前職が「旅するシェフ」だったことも早々に知れ渡ったようで、みんな僕の料理が食べたいとリクエストしてくれた。それで、滞在させてもらったお礼に、葡萄畑でのリミテッドパーティーを開催した。

畑を見させてもらった時に発見したフェンネルをたっぷり活用した。鮭科の身質とこのフェンネルの香りが口内でとっても瑞々しくマッチする。地元のスーパーをチェックして、桜鱒が氷のベッドで寝ているのを見つけた。魚屋の兄ちゃんに「1尾3枚おろしでお願いッ!」「へいよッ!!」と、捌いてもらっている間に、他の余市産食材も見つかった。

というわけで、農場の古民家のキッチンで仕込みを開始。爽やかな1皿に仕上げたかったから、桜鱒の身は畑のハーブとレモンでマリネしておいた。

仕上げは畑の中にみんなが作ってくれた即席キッチンで。このワイナリーの白ワインを豪快に入れて風味付けをした。たっぷりフェンネルとオリーブオイルも添えて。

作り方や味なポイントは、ただ黙々と料理をするだけでなくトークを交えながら魅せること。美味しさも笑顔も倍増する!



一期一会の素材で、余市に捧げる桜鱒のパスタの完成である。

桜鱒には鮭とはまた違う繊細さがあり、リンゴのピュレとも相性が良い。マリネや山わさびで頂く寿司などの生な感じもいいし、焼いておむすびにもいいし、醤油で頂くカツレツも美味である。

今年は、桜鱒の身の色と同じロゼワインを飲もうと、ロゼ色の夕陽を眺めながら僕がサポートしているワイナリーに話しをしたら、特別に2本だけ読者プレゼント用ワインまでGETしてしまった。




というわけで、石川進之介がGETしたワインと、旅先で出会ったテーブルを彩るアイテムプレゼント!

平川ワイナリー 2017 Rose des Vents Terre de Yoichi 750ml 

平川ワイナリー 「2017 Rose des Vents Terre de Yoichi 750ml」を2名様にプレゼント

VICTORINOX ワインマスター ウォールナット

VICTORINOX 「ワインマスターウォールナット」を1名様にプレゼント

VICTORINOX ワインオープナー

VICTORINOX「ワインオープナー」を2名様にプレゼント

ご応募は、以下のフォームから。ご希望の賞品を「編集部への一言」にご記入ください。
ご応募の締切は3月5日(火)とさせていただきます。

メールアドレス
メールアドレス(確認用)
お名前
性別 男性女性
電話番号
郵便番号
ハイフン無しで7桁続けて入力
ご住所
生年月日 西暦
年 収 (任意)
就業形態 (任意)
婚 姻 (任意) 既婚未婚無回答
子 供 (任意) いるいない無回答
編集部への一言
(あれば)



  • 「編集部への一言」にご希望の賞品を記入してください
  • 当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
  • 雑誌公正競争規定の定めにより、この懸賞に当選された方は、他の懸賞に当選できない場合があります。
  • 記入していただいた個人情報はプレゼントの発送のほか、個人の属性等を、統計処理した集計値としてのみ使用いたします。応募時にご登録いただきましたご住所やEメールアドレスなどは、INSTYLE PUBLISHINGからの事務連絡に使わせていただく場合がございます。お名前、ご住所等の個人情報を、賞品の発送以外の目的で、広告主をふくめた第三者に提供することはございません。


弊社の個人情報取り扱いにつきましては、個人情報保護方針をご覧ください。

この記事を書いた人

石川進之介
石川進之介
旅先のグルメな写真も垣間見れるInstagram は@shinnosuke02091981
チェックしてみて欲しい!


1981 年東京うまれ。2011 年から店舗をもたず、キャリーバッグにフライパンと包丁を入れ、世界37 カ国を旅して一期一会の料理を生み出す「旅するシェフ」として活動した。
商品開発、レシピ本の出版、メディアへの露出などでも知られるが、2018 年「旅するシェフ」としての活動を停止し、北海道と東京・世界をつなぐインディペンデントプロデューサーなるものをはじめ、てんとう虫をアイコンとするようになった。

2019 年からは北海道の魅力素材の1つでもある、山わさびのセールスにも力を入れている。


美味しいお店を知りたい方&飲食店の方は必見!!!

@sozaiya_yamawasabi
この作者の最近の投稿