WINE WHATでもたびたび登場してくれているドミニク・ブシェさん。その名を冠した銀座のレストラン『ドミニク・ブシェ トーキョー』、そして、ビストロノミー『レ・コパン ドゥ ドミニク・ブシェ』が営業を再開しました。もちろん、”万全の安全対策を講じながら”。そしてさらに、3つの「おうち時間のオートクチュール」を開始しました。


3つのオートクチュール

ドミニク・ブシェさんが「ドミニクシェフのおうちごはん」という動画を4月から公開しているのをご存知でしょうか? これはフランスの自宅から、ドミニクシェフが自宅でもできる、おしゃれなフランス料理の作り方を教えてくれる、というもの。 https://www.facebook.com/watch/dbtokyo/

フランス料理界の巨匠によるこのシリーズは、まるで手品の種明かしを見ているかのよう。おこもり生活で料理に目覚めた方も、食べることが好きな皆さまも、ドミニクシェフの真似をして、腕によりをかけてみてはいかがでしょう?

そして、このほど、ホンモノの、ドミニク・ブシェの味が自宅で再現できる料理キット「Les Kits (レ・キット)」が登場しました。これはアペリティフ、前菜、メインディッシュ、デザートまで、パーツでもメニューでもオーダーできて、真空包装で届いたキットを、自分で最後の仕上げをする、というもの。



詳細とご注文は以下のURLから。受付は6月15日から
https://www.tablecheck.com/shops/dominique-bouchet-pickup/reserve

これだけでもかなり豪華なものですが、さらに贅沢な体験をお望みの方には、「CATERING HAUTE COUTURE(オートクチュール ケータリング)」というサービスも登場しています。

これは、ドミニク・ブシェ トーキョーのお料理を、美しい食器・カトラリーと共にシェフとソムリエが皆さまのもとへお届けし、サーヴする、という夢のようなケータリング サービス。





こちらの詳細は、以下のURLから
https://www.dominique-bouchet.jp/wp-content/uploads/sites/4/2020/03/DBT_Catering-Informations.pdf

同じく銀座の、みゆき通りにある『レ・コパン ドゥ ドミニク・ブシェ』ではテイクアウト&デリバリーもやっています。こちらにはワインプラスメニューがありまして、パリ店と東京でしか手に入らないドミニク・ブシェのハウスシャンパーニュが一本ついた、シャンパーニュでアペリティフ、というメニューまで用意されています。



内容のご確認は以下のURLから
https://mcusercontent.com/d8360a8bd31567fd7d4edab1e/images/2910f8b3-7961-486f-8f22-8702321d9636.png

銀座の『ドミニク・ブシェ トーキョー』は、そもそも、パリのアパルトマンをコンセプトとしていて、ドミニクシェフの邸宅に招かれたような空間になっています。また、ドミニクシェフは、果実、野菜、乳製品、海産物に恵まれたフランスのポワトゥー=シャラント地方出身。その料理のルーツには、母親から受け継いだ家庭の味、があります。



おこもり生活であらためて問い直される家を、つねにテーマとして、世界最高峰と称されるまでに追求するドミニク・ブシェさんのエスプリで、日常のなかの特別を味わってみてはいかがでしょう?