東京都港区西麻布1-6-4
TEL 03-5785-8880
営業時間
11:30 ~ 15:30(LO13:30)
17:30 ~ 23:00(LO20:30)
定休日 水曜日



フェア開催期間は2020年10月12日(月)~
※ワイン終売とともにキャンペーンは終了となります。
※開催状況につきましては、事前に店舗にお問い合わせください。

アルザス本店と同じペアリングを提案

ここは、アルザスで50年以上にわたりミシュランの星を守り続けている「オーベルジュ・ド・リル」の東京店。本店同様の料理はもちろん、アルザスワインを約30種類揃えたワインリストはマニアも垂涎だ。今回披露してくれた料理は2品とも、本店の創業者ポール・エーベルランシェフのスペシャリテ。

 

「鵞鳥のフォアグラは鴨よりも濃厚で滑らか。その素材そのものの味をストレートに表現したのが、鵞鳥のフォアグラのテリーヌです」と寺田信一シェフ。

《オーベルジュ・ド・リルのスペシャリテ》 鵞鳥のフォアグラのテリーヌ オーベルジュ・ド・リル風(6500 円)

フォアグラは本店と同じスパイス、ソーテルヌやコニャックなどでシンプルに味つけされている。陶器の壺から優雅に提供するのも本店のスタイルだ。これには『ゲヴュルツトラミネール・ヴァンダンジュ・タルディヴ 2007年』(トリンバック)がお勧め。「フォアグラにスパイスの風味や甘味があるので、甘過ぎず、酸味もしっかりあるこのワインを本店でも合わせています」とシェフソムリエの石原豪さん。

左がシェフソムリエの石原豪さん、右が六本木エリア長でもある寺田信一シェフ

2品目のグルヌイユのムースリーヌは、グルヌイユをスズキのムースで覆ったもの。ソースはリースリングやスズキのだし、生クリームなどで旨味が凝縮している。これにはボリューム感がある『リースリング・キュヴェ・サント・カトリーヌ 2011年』(ドメーヌ・ヴァインバック)を合わせたい。

《オーベルジュ・ド・リルのスペシャリテ》 グルヌイユのムースリーヌ‘ ポール・エーベルラン’(6000 円)

「ほかにもミュスカやピノ・ブランは食前酒でもお勧め」と石原さんは魅力を語ってくれた。

左から『アルザス・ゲヴュルツトラミネール・ヴァンダンジュ・タルディヴ 2007 年』(トリンバック)ボトル12000円、グラス2000円、『アルザス・リースリング・キュヴェ・サント・カトリーヌ 2011年』(ドメーヌ・ヴァインバック)ボトル13000円、グラス2300円。他にも例えば『アルザス・リースリング・クロ・サンテューヌ』(トリンバック)の2009年、07年、06年、04年、2000年といった垂直試飲もできる。