日本列島、大寒波到来。寒い時期に感じるのは心の温かさ。身体を労わる、想いの詰まったおつまみを家族に、自分に。
こんにゃくとマッシュルームのブルーチーズクリーム煮イメージ

「冬は一番温かい。身体を寄せ合い心の通う時間が増える」なんて、どこかで聞いたことのあるようなフレーズは、懐かしさのあるいつかの歌詞だろうか。

寒い冬が一番温かい。いや、温かさを感じることができる条件が整っているのかもしれない。凍える身体に温かい飲み物は心身に染み渡り、重い身体を動かせば汗ばみながら芯の温かさを実感できる。

体温だけではない。健康を崩しやすい季節は、労わりの心が何とも心にくる。家族の健康を気遣い、自分を大切にできる季節。スナック菓子片手にお酒をたっぷり飲む手を止めて、少し身体を考えてみようじゃないか。家族が、自分が、何を欲しているのか。口に運ぶものを考えてみる。心身健康でお酒を適量嗜める幸せは、身体を労わってこそ感じる温かさだ。

~HomeWineRecipes~


今回は寒い冬に赤ワインと食べたいヘルシーおつまみを2品ご紹介します。市販品を組み合わせて作るヘルシーで簡単なおつまみ、さらにダイエット中のお父さんも満足のヘルシーおつまみです。

【Recipes】黒豆塩昆布on黒ごま豆腐

黒豆塩昆布on黒ごま豆腐

【材料4人分】
黒豆の煮豆(市販) 50g
塩昆布 3g
黒ごま豆腐(市販) 200g
オリーブオイル 小さじ1/4
黒こしょう 少々

【作り方】
1  黒豆と塩昆布を和え、塩昆布をしんなりさせる。
2  お皿に4等分した黒ごま豆腐を置き、①を乗せる。オリーブオイルを回しかけ、黒こしょうを挽いてできあがり。

≪ポイント≫
黒豆は、おせちなどの甘い煮豆を使用しています。

レシピ掲載元:https://oceans-nadia.com/user/14762/recipe/144154

【Recipes】こんにゃくとマッシュルームのブルーチーズクリーム煮

こんにゃくとマッシュルームのブルーチーズクリーム煮

【材料4人分】
板こんにゃく 1枚
マッシュルーム 4個
オリーブオイル 小さじ2
白ワイン(または酒) 大さじ1
牛乳 大さじ2
ブルーチーズ 30g
すりおろしニンニク 小さじ1/4
塩 小さじ1/5~
黒こしょう 少々

【作り方】
1  こんにゃくは1.5㎝角に切る。 こんにゃくは熱湯で2分ほど下茹でし、水分を切っておく。 マッシュルームは縦4等分する。
2  フライパンにオリーブオイルを入れ温め、①のこんにゃくを入れる。 表面がカリっとするまで12~13分強めの火で炒める。
3  ②にマッシュルームを加え、火を弱める。 白ワインを回しかけ、アルコールを飛ばす。
4  牛乳・ブルーチーズ・にんにく・塩を入れて弱火でチーズを溶かすように2~3分ほど煮る。
5  お皿に盛り、黒こしょうをたっぷり挽いてできあがり。

≪ポイント≫
牛乳を生クリームにするとさらに濃厚になります。ブルーチーズはフルムダンベールを使用していますが、お好みのもので。使用するブルーチーズの塩味加減によって、塩は加減ください。

レシピ掲載元:https://oceans-nadia.com/user/14762/recipe/145646


家族へ、自分へ。
食卓からのプレゼントは一番心が温まる、想いのある一番の贈り物。

食卓からのプレゼント

この記事を書いた人

紀子
紀子
1985年生まれ。
J.S.Aワインエキスパート。
小さなワインのお教室をしている傍ら、ワイン好きによるこだわりの創作おつまみレシピを料理サイト・ブログで掲載。
女性の皆さまへワインライフが豊かになるコツを発信中。
blog: http://ameblo.jp/norikostyle2