韓国の老舗店舗のレシピを使い、日本の有名店も含め、なんと15店舗とのコラボを実現。
本場の味が楽しめるということで人気上昇中の本格コリアン『Kollabo』。
都内に14店舗、大阪に1店舗と展開しているうちの1号店『KollaBo 池袋店』へ行ってきました。

ジャズが流れるシックな店内

黒を基調としたジャズが流れるシックなニューヨークスタイルの店内。
1つのお店で15店舗の味が全部楽しめる新しいコンセプトの韓国料理店。

日本のビールメーカーも他社共栄で同時に品揃えに。
キリン一番搾り、アサヒスーパードライ・エクストラコールドなど。
ハイボールは、ちょっとリッチにジョニーウォーカーブラックラベルを使用。

9235-1

■生マッコリ カメ

なんといっても、韓国釜山直送の生マッコリが美味しい!!
シュワっと、ほんのり微炭酸、コクがあるのにのど越しあっさり。

ドリンクもいろいろとこだわりがあります。


9235-2

■サンナッチ (活けダコの踊り食い)

韓国直送の活け生手長ダコを塩ごま油につけて。
うにうに動いて箸にまとわりつくのを剥がすように口の中へ。

コリコリと歯ごたえが良く、甘味があって美味しい~。


9235-3

■パダック(ネギフライドチキン)

韓国の大人気店『サバサバチキン』からの一品。
千切りの長ねぎがドッサリと盛られて。

サックサクのフライドチキン。
ピリッとマスタードが効いた醤油ベースのさっぱり味。

揚げ物なのに、まったく油っぽくなくてどんどんイケる。
鶏肉は、岩手県産のモモ肉を使用しているそうですよ。


9235-4

■ミスジ

『KollaBo』の焼肉は、岩手県産「いわて南牛」など国産黒毛和牛のA5ランクを使用。
赤ワインで煎った天然岩塩か、わさびをのせて醤油ダレで。


9235-5

■チーズダッカルビ

ドラマ「冬のソナタ」の舞台となった春川(チュンチョン)発祥のダッカルビ。
キャベツや玉ねぎ、さつま芋などの野菜と、トッポギ、岩手県産の地鶏を50年来秘伝のタレを鉄鍋でじっくり和えながら炒めて。

濃厚で、旨辛!! たっぷりのチーズを絡めて、トロ~リ&マイルド。
残ったタレにごはんと葉野菜、もやしナムル、韓国海苔を入れて焼きチャーハンに。


9235-6

■カンジャンケジャン (渡り蟹の出汁醤油漬け)ミニライス付き

韓国産地直送の年に2回しか獲れない最高級の渡り蟹(メス)を
30年来の秘伝のタレに漬け込んで熟成。
芳醇で濃厚な味わい、身がとろ~っと口解けよく。

甲羅に残ったみそ、タレを付け合わせのごはんにかけて、
韓国のりと混ぜ合わせて「カニみそビビンバ」風に。

9235-7

これが、もう、最高ー!!

最後は、「伊藤園」が厳選した茶葉を『KollaBo』用に提供している日本茶をいただいて。
韓国料理屋さんで、美味しい日本茶を出すお店は他にはないでしょうね。

この他にも、特製のワインダレに漬込み備長炭で燻製して余分な脂を落とした「東京さわやかポーク」の燻製サムギョプサルや、オッドム・グイ(甘鯛の素揚げ)、ヨンボタン(活けダコの踊り鍋)、サクサクふわふわの海鮮チヂミ、などなど、おススメ料理がいっぱい。特に、新鮮な海鮮韓国料理のレベルの高さは驚きです。

人気急上昇中~の韓国料理店『KollaBo』、今後も各地へ出店予定があるそうですよ。


9235-8

KollaBo 池袋店

住所:東京都豊島区池袋1-5-7 ヤマダ電機LABI日本総本店池袋7F
Tel:03-5944-9211
http://kollabo.co.jp/
休日:無休

この記事を書いた人

kuishinbou33
kuishinbou33
ジャンル問わず、コストパフォーマンスの良い飲食店をメインに食べ歩きブログを書いています。
「知らない街を食べ歩きたい!」
http://ameblo.jp/kuishinbou33/