• TOP
  • FOODS
  • お取り寄せマリアージュ3本勝負!

お取り寄せマリアージュ3本勝負!

栗原心平さん×WINE-WHAT!?不肖ヤマダ編集長が「いただきま~す」。

1226-3

お取り寄せ3本勝負その3
「チーズみそ漬」は、(熟成×熟成)×熟成で!

3本目は、群馬県の漬物屋さんからお取り寄せしました。
関東でしょうゆ・みそというと、野田と銚子を抱える千葉県のイメージがあるけれど、
上州には昔ながらに素材にこだわって醸造している中小メーカーが意外に多い。
前橋市に本社のある創業120年のたむらやもそのひとつで、そのたむらやがみそ漬けの新しい食材として見つけ出したのが、
同じ発酵食品であるチーズだったのだという。
こちら、北海道のチーズ工房が丹精こめてつくったナチュラルチーズを、たむらや謹製のみそ床に漬け込んだ「熟香」でございます。

  • 栗原
  • (表面のみそをなめて)ん? この味……。あ、やっぱり、たむらやさんだ。ここのみそ漬は大好物なんです。生姜のみそ漬を細い千切りにしてほうじ茶でお茶漬にすると、最高においしい。
  • ヤマダ
  • えっ、そうなんですか。これに合わせるワインはシェリーにしました。
  • 栗原
  • そうくるか!
  • ヤマダ
  • エル・マエストロ・シエラのオロロソです。
    ドライなのに15年寝かせてあるから、ほどよく甘みがあって、ちょいスモーキー。
    みそで熟成されたチーズとのマリアージュ、つまりチーズみそ漬け(熟成×熟成)×シェリー(熟成)によるじゅくじゅく熟女味を狙っています。
  • 栗原
  • うまい。たむらやのみそ漬液はとろりとして追い香がいい。なのに、このシェリーと合わせると、チーズそのものはみそっぽくない。よいみその風味がチーズを大きく包み込んでいる。合わせるとうまみが広がって、消えて、また蘇る。これは絶対に海苔と相性がいいよ!

ということになりまして、急遽、海苔を用意。

 

  • ヤマダ
  • おお! ミネラル感がプラスされて、シェリーに隠れていたミネラルが浮き上がってきた。
    数値で表現するなら、チーズとシェリーの組み合わせだと1+1で2~2.5ぐらいの広がりなんだけど、
    海苔が入ると、1+1+1の3よりさらに広がって、4以上になる感じ。このセットで味わうのが面白いですね。
  • 栗原
  • 当たったね。みそ好きの自分としては、こんな組み合わせはうれしい。
    それと、シェリーは竹とかフキみたいな山のものの香りが、ほんのりする。
    山菜の天ぷらなどにも合わせてみたい。

一般に、同じ方向性で、フレーバー、熟成度、産地、土地柄などを合わせていくと、楽しいマリアージュができあがる。
食べたことのない日本各地の名産品も、この法則を守ってワインを用意すれば、きっと新しい発見がある(かも……)。
これもまた、家飲みワインの愉しみなのだ。

1226-3-1

  • オーデックス・ジャパン
  • エル・マエストロ・シエラ オロロソ
  • 生産国/地域:スペイン/ヘレス
    希望小売価格:2,800円

Related Posts

PAGE TOP