• TOP
  • FOODS
  • Pairing
  • ピエール・ガニェール 東京の7周年をシャンパーニュ4メゾンが祝う

ピエール・ガニェール 東京の7周年をシャンパーニュ4メゾンが祝う

最上級シャンパーニュの夢の共演

Duval-Leroy Rosé Brut Prestuge Premier Cru NV Magnum

3つめの料理は、2016年を振り返って

フォアグラ
フォアグラのポワレ 黒マグロと赤ビーツの香る牡蠣 ピュイ産レンズ豆と共に

牡蠣が印象的な一品でビーツの赤が鮮やか。

デュヴァル・ルロワのアントニー・ドゥヴィル氏は、牡蠣と赤ワインとの相性のよさから着想をえて、ロゼをあわせた。

品種は、ピノ・ノワールとシャルドネ。ノンビンテージだが、3年程度は熟成させている。首がながく、口が狭いデュヴァル・ルロワのボトルは、ワインは生きている、という考えに基づき、熟成を考えてのデザインだという。繊細さのなかに、赤ワインの味わいがあり、バニラのようなあまい香りを感じさせ、ザクロやベリーのような赤ワイン的な風味もある。

Billecart-Sarmon Blanc de Blancs, NV, Magnum

2015年を振り返っての4つめの料理は

甘鯛
鱗焼きにした甘鯛 トリュフの香るマッシュルームのアンフュージョン
ポロ葱と小松菜を添えて

組み合わせるのは、シャルドネ100%のブランドブラン。

100%グラン・クリュでシャンパーニュ地方南部、コート・ド・ブランの4つのヴィラージュのブドウをもちいている。ドザージュは5グラムと少量。

Pommery Cuvée Louise, 2000, Magnum

5品目。2015年のメニューから

蝦夷あわび
日本酒とサラワクペッパーの香る蝦夷あわびのロースト
海ぶどう/チョリソー/グリンピース 春のサラダを添えて

1874年にシャンパーニュ史上初のブリュットを誕生させた「シャンパーニュ ポメリー」のなかでも、最高級のキュヴェ ルイーズの、マグナムボトルが供された。

稀少な2000年が選ばれた理由は、しっかりとした熟成感がありながら、フレッシュさもあわせもつため。チョリソーやペッパーといった刺激のある料理の味にあわせた。

この記事を書いた人

WINEWHAT
WINEWHAT
YouTubeInstagramでも、コンテンツ配信中!
フォローをお願いいたします。

Related Posts

PAGE TOP