• TOP
  • FOODS
  • Pairing
  • ロース、カルビ、ハラミなど和牛焼肉9つの部位とワインの探求(後編)

ロース、カルビ、ハラミなど和牛焼肉9つの部位とワインの探求(後編)

永久保存版:ミノ、ミスジ、イチボ、ザブトンの難問部位をじゅーっと焼いて専門家も悪戦苦闘を実況中継!

探求7 ミスジ

――ここから希少部位に突入します。まずはミスジ。腕の中の部位ですね。動かない部分なのでとても身質が柔らかいそうです。

(ジュ~、ジュジュ)

永松 めっちゃめちゃ脂あるからね。でもさっきのカルビより噛み応えはあると思う。

山下 こういうのにマルベックはどうなんだろう? 赤身にマルベックはすぐ思いつくけど、こういうオイリーなお肉には?

永松 マルベックは酸よりも果実味とボリューム感が勝るから、ちょっと違うかもしれませんね。

斎藤 (もぐもぐ)あっ、カルビとは違う。キメの細かい赤身という感じ。

永松 なんか鴨っぽくない? 血の風味というか。意外とピノとかサンジョヴェーゼとかいいかもしれない。

波田 マルベックはパンチありすぎるな。タレとかつけたらまた変わると思うけど。

山下 おろしポン酢をつけるか、焼肉のタレをつけるかでぜんぜん違いますよね?

永松 いいバランスで弾力があって、タンに近いね。最初のタンの脂が上品バージョン。

波田 うん、初めてスプマンテでばっちりきた。おろしポン酢つけたら。

山下 ポン酢だとファランギーナもいける。ポン酢の酸とベクトルが同方向という感じ。

波田 スプマンテもファランギーナも最後にほろ苦さがあるから、私、このお肉に合うと思う。

永松 そこは中和的な要素だよね。タレをつけると脂がくどく感じられるからね。

山下 このミスジはポン酢で喰えみたいな。

――ミスジはおろしポン酢でスプマンテでした。

この記事を書いた人

WINEWHAT
WINEWHAT
YouTubeInstagramでも、コンテンツ配信中!
フォローをお願いいたします。

Related Posts

PAGE TOP