• TOP
  • FOODS
  • あなたはラ・キュべ・ミティーク派、それともピーター・レーマン・ワインズ派?

あなたはラ・キュべ・ミティーク派、それともピーター・レーマン・ワインズ派?

オススメ4店舗をピックアップしました(東京だけでごめんなさい)

ピーター・レーマン・ワインズとは?

PETER LEHMANN WINES BAROSSA SHIRAZ PORTRAIT
ピーター・レーマン・ワインズ
バロッサ・シラーズ・ポートレート

●生産国/地域:オーストラリア/バロッサ
●品種:シラーズ
●希望小売価格:2,200円

オーストラリアの代表的なワイン生産地、バロッサ・ヴァレー。1979年、バロッサの大手ワイン企業がブドウの買い取りを突然ストップし、困り果てた栽培農家のためワイナリーを立ち上げたのが、その大手企業に20年間勤めていた醸造家のピーター・レーマンだった。14歳の頃に父親を亡くしたのをきっかけに、学業よりもいち早く手に職をつけようと決心、17歳でワイン造りの世界へ飛び込んだ人物だ。100以上の栽培農家が救われたことで、レーマン氏は「バロッサの男爵」と呼ばれる伝説的な存在に。

ポートレート・シリーズは、バロッサというエリアらしさを伝統の品種で表現する“バロッサのポートレート”足らんとするメッセージが込められる。バロッサと聞いて真っ先に連想するほどのブドウ品種シラーズは60以上の栽培農家から集められてブレンド。なかには樹齢100年を超えるものも含まれ、安定感と凝縮感ある仕上がりとなっている

ピーター・レーマン・ワインズ派ならココ! その1

Seafood & Grill SOUTH〜ラムのグリル〜

NZ産 ラムラックのグリル(2,900円)
250gの骨付きラム。骨部分を手で掴んでガブリ、が正解。

サーフ&ターフがサブ・テーマ

「大人の街」として知られる恵比寿のなかでも大人力のぐぐんと高い店が「シーフード&グリル サウス」。

シンプル・モダンな空間で、オーストラリアやニュージーランドから運ばれた食材とワインが楽しめる。“シーフード~”とうたうからにはさぞかし魚介三昧かと思いきや、店のサブ・テーマは「サーフ&ターフ(海と芝)」。オセアニアは上質なラムの産地としても名を馳せるだけに、陸のグルメ、ラム肉料理もきちんとおさえている。

「今までもピーター・レーマンのカジュアルラインを扱ってきましたが、次は上のクラスのワインもオンリストしたくて……」と新たに「バロッサ・シラーズ・ポートレート」の提供を決めたのは、このエッジの効いたお店のマネージャーの泉澤陽平さん。

「オーストラリアのシラーズと聞くと、パワーで押しているイメージが強い。もっとキレイでエレガントなシラーズがあることを、お客様に知ってほしい」とグラスでの提供もスタートした。

新顔ワインとのペアリングには、ラムのグリルを。シーフード・ブラッター、サラダ、デザートとセットになった「テイスティング・シェア・コース」(1名分4,800円。2名分よりオーダー可)のメインにも組み込まれている、人気の一品だ。クセがなくキメ細やかな肉質のラムに、酸が効いてほどよくふくよかなシラーズ。ああ、この良さがわかる大人でありたい。

Seafood & Grill SOUTH
東京都渋谷区恵比寿4-20-3
恵比寿ガーデンプレイスタワー39階
tel: 03-5793-1955
営業時間:11:30~15:30 (L.O. 14:30)

17:30~23:00 (L.O. 22:30)
定休日:無 (ビルに準ずる)

Related Posts

PAGE TOP