• TOP
  • FOODS
  • 寿司 とワインのマリアージュ徹底検証ー冬の陣ー(ドの巻)

寿司 とワインのマリアージュ徹底検証ー冬の陣ー(ドの巻)

続・ニッポンのエンタメ伝統料理はキリストの血を受け入れられるか?

検証6 中トロ

ネタ解説
築地市場の初競りで「すしざんまい」が最高級マグロを落札するのは、もはや正月の風物詩。独自に生け簀を所有し、稚魚を肥やす蓄養を行うことで、安定したクオリティのまぐろを提供している。なかでも中トロは、合わせるワインによって脂の印象ががらりと変わり、和牛のような風味を醸すとの意見も。

赤ワインではない?

一同驚きの意外な組み合わせ

太田 「マグロ大王」(すしざんまいを運営する喜代村社長、木村清氏の愛称)本陣に討ち入ったからには、コレは外せない、中トロが来ました!

富田 あ、随分テンション高いですね。

太田 道産子にとって、魚介関係は生きていくのに欠かせない活力源。あと、個人的に月に2~3回は「すしざんまい」しているんです。何しろレストラン勤務なので遅い時間帯に食事することが多いんですよ。営業時間が長いから、深夜ごはん難民の救世主ですよね。ラーメンよりヘルシーでしょ、と自分に言い聞かせつつ……。

以下、寿司とワインのマリアージュ徹底検証ー冬の陣ー(ウの巻)につづく……。

Related Posts

PAGE TOP