4090-1

全長3990×全幅1750×全高1470㎜。2540㎜のホイールベースは、プラットフォームを同じくする現行プジョー208と同じ。(日本ではこの記事を書いた予測よりも早く、2017年7月上旬に発売となった。車両価格は税込216万円~239万円。以上2017年8月4日追記)。

新鮮で大胆でカラフル!

まことに通俗的ながら、フランス車にはフランスパンがよく似合う。自分で書いておいてなんですけど、どういう意味か? フランス車に乗っている人はフランスパンが好きそう、というような意味合いである。赤ワインとも相性がよさげだ。新型シトロエンC3もまたしかりである。だってフランス車だから。

さる6月末、フランス本国で新型C3が発表された。「新鮮で大胆でカラフルなBセグメント、5ドアのスーパーミニは、快適性と個性の面で新しい基準をこのセクターに提供する」というのがシトロエンの主張だ。

Bセグメントとかスーパーミニというのは、ヨーロッパで使われる自動車用語で、ルノー・ルーテシア(欧州名クリオ)やプジョー208、フォルクスワーゲン(VW)ポロ、日本車ではトヨタ・ヴィッツ(ヤリス)などがこれにあたる。

4090-2

ポーラー・ホワイトの白いボディにスポーツ・レッドの赤い屋根。日本受けしそうなカラリング。前後ドアの真ん中よりちょっと下の黒い部分がAirbump。

2002年に発売されたC3はこれまでに360万台が販売されたヒット作で、シトロエンの欧州での販売のおよそ5分の1を占める。にもかかわらず、14年ぶりに全面改良を受けた新型は先代の面影はほとんどない。愛嬌のあった先代に対して、新型は強さを押し出している。シトロエンのマークであるダブル・シェヴロンと上下2段のライトは最近の同ブランド各車に共通する。サイドにはC4カクタスで用いられたAirbump®(ボディ保護を兼ねた樹脂製パネル)を採用することで、SUV風に仕立てたところに新しさがある。

個性化、パーソナライゼーションの決め手として、2トーン・カラーがオプションで用意されている。ボディ・カラーが9色、ルーフは白、黒、赤の3色ある。単色を含めて、36通りあるということだ。オプションの2トーン・カラーを選んだ場合、フォグ・ライト、ドア・ミラー、リア・クォーター・パネル、それにAirbump®のパネルにもルーフと同じ色が差し色として入る。

4090-3

アーモンド・グリーンにオパール・ホワイトのルーフの組み合わせはちょっと淡くてクラシックな味わい。それゆえ新しい?

4090-4

コバルト・ブルーのボディ色にオパール・ホワイトはコントラストの強さで魅了する。コート・ダジュールな感じでしょうか。

ボディ・サイズは5cm弱長くなるだけで、先代とほとんど変わらない。目立つのは全高が60mmほど低くなっていることだ。ドライバーの頭上の後ろまでフロント・ガラスが続いていた先代の特徴的なデザインは、継承しなかった。残念な気もするけれど、正直、あのゼニス・フロント・ウィンドウにあまりメリットはなかった。だって見えすぎて落ち着かなかったり、太陽がまぶしかったりで、天井のブラインドを閉じている時間の方が長かったから。

室内のデザインは、色と内装の素材の組み合わせ違いが4種類用意されていて、そこから選ぶことができる。いずれも、旅とホーム・インテリアからインスピレーションを得たもので、その狙いはドライバーに家の延長であるように感じてもらうことだという。モダニストのブランドであるシトロエンのデザイナーが考えるシックなフランスの家だ。

4090-5

こちらは「メトロポリタン・グレイ・アンビエンス」と名付けられている。コンクリート打ちっ放し風だけど温かみがある。

4090-6

「ハイプ・コロラド・アンビエンス」は、上級市場向けの素材、つまり本革を一部用いた贅沢仕様。(お金持ちの)牧場風?

4090-7

「アーバン・レッド・アンビエンス」はダーク色に鮮烈な赤いラインが映える。この3種のほかに「スタンダード・アンビエンス」がある。

外装色が36種類、内装が4種類あるので、外装×内装の組み合わせは144通りの可能性があることになる。これが個性化のキモだ。日本市場でどういう販売方法がとられるかは不明ながら、MINIがこういったビスポーク化で成功しているのだから、シトロエン・ジャポンとしても本国と同じシステムをとりたいところだろう。

パワートレインはプジョー・シトロエンの手持ちの中から最新仕様の1.2ℓ3気筒が3種類、ディーゼルが2種類選ばれている。日本向けは、兄弟車のプジョー208と同じ82psの1.2ℓ3気筒+5MTと、110psの同ターボ+6ATとなると予想される(実際には、後者のみ。2017年8月4日追記)。足回りの機械部分はプジョーと同じでも味付けは異なっている。新型C3は典型的シトロエンのバネ・セッティングだというから大いに期待できる。快適性が売りのクルマでもある。

装備面での新機軸は、ConnectedCAM Citroen™と名付けられたカメラである。これでSNSに写真、あるいは動画を投稿して楽しんでもらおう、というのだ。120度の広角、200万ピクセルのこのカメラはリア・ビュー・ミラーの後ろ側に取り付けられていて、GPSにより位置情報を得ながら前方をつねに見ている。素早く押すと写真、長押しすると20秒までの動画が撮れる。で、このデータを「ConnectedCAM Citroen™」というアプリを通じてSNSに投稿する。ようするに自動車のカメラ付きスマホ化だ。事故の際にはドライブ・レコーダーとしても使える。シトロエンは今後各車に設定する計画だ。各社たちまち右へ習いそうなアイディアである。

新型C3は秋にパリで開かれる自動車ショウ、通称パリ・サロンで正式発表され、早ければ来年上陸すると予想される。その頃にはパリの路上を走り回っているに違いない。華の都、恋の都パリ、行ってみたいですね〜。

4090-9

後ろ姿はキュートではありませんか。トランク容量は300リッターと十分広い。

4090-10

ちなみにアーモンド・グリーンだとこうなります。こちらもキュートです。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼に合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼にタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!