642-1

メンズコレクション”シティ”88,000円(税抜)〜

1947年創業のフレンチウォッチブランド”ミッシェル・エルブラン”

時計と言えばスイス”というイメージを持っている方は多いだろう。ロレックスやオメガ等、人気がある時計ブランドにスイス製は非常に多い。
しかし、フランスにも時計だけを製造している時計ブランドが存在している。それが、スイスとの国境近くのシャルクモンという街で1947年に創業したミッシェル・エルブランである。
創業者であるミッシェル・エルブラン氏は、“誰もが長く愛用できる時計を創る”というコンセプトのもと、自身の名を冠したブランドを立ち上げた。このコンセプトは、創業して60年以上たった今でも受け継がれており、ミッシェル・エルブランの時計開発のアイデンティティとなっている。

フランスの国民的時計ブランド

ミッシェル・エルブランは、フランス国内では800店舗あり、国民的な時計ブランドとして幅広く知られている。日本で例えると、セイコーやシチズンが良く似た位置づけだろう。現在(※)では日本を含め世界50カ国に3000店舗以上展開している数少ないフレンチウォッチブランドなのである。(※2016年3月現在)

フランスのエスプリを感じるデザインと手にしやすい価格帯。

642-2

レディスコレクション”アンタレス”90,000円(税抜)〜

“誰もが長く愛用できる時計を創る”というコンセプトを掲げているだけあり、品質と価格のバランスは折り紙付きだ。 アンダー10万円で手にすることができる本格的な機械式時計”シティ”や、簡単にストラップの付け替えができるレディスコレクション”アンタレス”は90,000円(税抜)からラインナップされている。 どんなシーンでも着用できるシンプルなデザインと、フランスらしい気品溢れる色使いが見事に共存している。保証も3年間のため、安心して長く使うことができそうだ。 フランス産ワインを飲みながら、フレンチウォッチと共に優雅な時を過ごしてみてはどうだろうか。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ワインと食のライフスタイルマガジン「WINE-WHAT!?」編集部です。
ただいま7月号(通巻17号)、絶賛発売中です!
カリフォルニアに行って、サステナビリティとはなにか? を勉強してきましたので、最新情報をお届けします。
ギョウザ・カラアゲ・タコヤキとシャンパーニュのペアリングも!
WINE-WHAT!? はワインと食を探求し続けます。