• TOP
  • LIFE
  • アニエスベーの写真個展 Les Drôlesses 開催

アニエスベーの写真個展 Les Drôlesses 開催

南青山アニエスベー ギャラリー ブティック開催

2020年の春、パリがロックダウンしたことを受け自主隔離中だったアニエスベーは、フランス人アーティストのクレール・タブレが手がけた2点の肖像画を顔に見立て、自身のワードローブから選んだ服でそれをコーディネートし、私邸の庭でユーモアに満ちた写真を撮影した。撮り下ろした写真作品は、80点以上。

今年5月末にパリのギャラリー『Magnin-A』で開催され、9月には『Kyotograpghie 京都国際写真祭 2021』のアソシエイテッドプログラムとして日本初公開された展示が、東京 南青山の「アニエスベー ギャラリー ブティック」にて、写真個展 『Les Drôlesses』として開催。

各所に掲示されたアニエスベーの手書きメッセージから彼女の子供時代や、デザイナーとしての彼女とアーティストであるクレールの関係性、そして数十年におよぶアニエスベーの創作活動についても知ることができる。また、写真に使われたアニエスベー自身が所有するコレクションアーカイブも魅力だ。

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2021 アソシエイテッドプログラム 京都BAL 4F BAL LABでの会場風景

会場では、展示図録も販売。作品のインスピレーションソースとなったクレール・タブレの肖像画2点も展示される。クレール・タブレはフランス生まれ、現在はロサンゼルスを拠点に活動する女性作家。その作品は、ケリンググループCEOフランソワ・ピノーやロサンゼルスカウンティ美術館などがコレクションする。

agnès b. interprets Claire Tabouret – Les Drôlesses
期間:2021年12月4日(土) ~2022年2月6日(日)
住所:東京都港区南青山5-7-25 ラ・フルール南青山2F アニエスベー ギャラリー ブティック
営業時間:11:00 – 20:00 (年末年始休業予定)

Related Posts

PAGE TOP