サントリーワインインターナショナル(株)は、国産ぶどう100%ワイン“日本ワイン”「ジャパンプレミアム」シリーズのパッケージをリニューアルし、2017年5月中旬以降順次発売すると発表。

サントリーは、国産ぶどう100%ワインを“日本ワイン”と位置づけ、「登美の丘ワイナリー」「ジャパンプレミアム」の2つのシリーズを展開している。徹底した品質管理によって生まれるその味わいは、世界的にも高く評価されており、国内外のコンクールで多数の賞を受賞している。

今年の9月には、新たに「塩尻ワイナリー」シリーズも発売を開始する予定。

ジャパンプレミアムのパッケージリニューアル

「ジャパンプレミアム」には、産地シリーズと品種シリーズがある。それらすべてのパッケージを今回リニューアルする。

ともに、ぶどうの房と葉のシルエットがモチーフ。日本の伝統的な「家紋」をかたどったマークは、日本ワインのシンボルマークと位置付けたもの。また、国税庁が新たに定めた「果実酒等の製法品質表示基準※」にのっとり、ラベルに“日本ワイン”の表記を新たに加えた。さらに、品種シリーズは瓶型をボルドー瓶に統一した。

※ 2018年から施行予定。本基準では、国産ぶどうのみを原料とし、日本国内で製造された果実酒を“日本ワイン”という。

*産地シリーズ
青森県、山形県、長野県といった日本を代表するぶどうの産地で、その土地の気候・土壌(テロワール)に適した高品質なぶどうを育む生産者と協力し、ぶどうの個性や魅力、おいしさを最大限引き出したシリーズ。

*品種シリーズ
“甲州”や“マスカット・ベーリーA”など日本独自のぶどう「品種」の個性を引き出し、日本人の味覚にあうブレンドを追求したシリーズ。

商品概要
「サントリージャパンプレミアム」産地シリーズ
産地シリーズ

「サントリージャパンプレミアム」品種シリーズ
品種シリーズ

希望小売価格  オープン価格
容量・梱包   750ml×12本
発売地域    全国(数量限定)
サントリー“日本ワイン”について
http://suntory.jp/NIHON/

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼に合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼にタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!