巻頭特集ワインはチリとオーストラリアがおもしろい!

1639-1

かたや安くておいしいチリ・ワイン。昨年、輸入量でフランスを僅差で抜いてトップに躍り出た。
こなた小さな生産者にもスポットが当たり始めたオーストラリア・ワイン。
なにしろオーストラリアは食材そのものに世界の熱視線を集めている。
転換期を象徴する南半球のこのふたつのワインを特集しました。

コノスルでフルコースのホームパーティを今夜スル! 

1639-2

銀座の大人気ビストロ「イバイア」の深味雄二料理長とオーナーの兼安聡子さんに、近所のスーパーで調達可能かつ手頃な価格の食材を使って、しかもテクニックいらずでワインにピッタリの料理を考案してもらいました。

進化するオーストラリアの美食について、「テラ・アウストラリス」の福田浩二シェフに語ってもらいました。

1639-3

COVER STORY 国木田彩良 Saira Kunikida

1639-4

イギリス生まれのフランス育ち。
イタリア人の父と日本人の母を持つ。
「“ハーフ”って日本でしか言わないでしょう? 私は“ONE”なのに」。

新商品テイスティング2016春

1639-5

1639-6

石田 博ソムリエと、ワイン・ジャーナリスト柳 忠之のコンビによるブラインド・テイスティング番付。950円のスペイン・ガリシア産から8000円の米国ワイントン州産まで、春の新作一挙64本、一番うまいのはこれです!
(ボトルの写真はイメージです)。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部

つゆ来りなば 夏遠からじ


緑が空の青さに輝いて


夏のお嬢さん ビキニがとってもステキね


夏はこころの鍵を甘くするわ ご用心


誘惑の甘い罠


お酒はハタチを過ぎてから