目印はポルトガルのマントとスペインの帽子

2013年から始まった夏の名物「サンデマン プライムレストランウィーク」が今年も開催される。

サンデマンとは、ペルノ・リカール・ジャパンが展開するポートとシェリーのトップブランドのこと。ポートワインといえば、ポルトガルのポルト港から出荷される酒精強化ワイン、シェリーはスペイン・アルダルシア地方産の同じく酒精強化ワイン。ということで、サンデマンのキャラクターの「ドン」はポルトガルの学生が着ているマントとスペインのつばの広い帽子、両国を象徴するアイテムを身につけているのだ。偶然てことはないですよね。

開催期間は7月16日〜8月5日。

今年は東京を代表する7軒のフレンチレストランとコラボレートし、各店考案のスペシャルアペリティフと、「サンデマン」の味わいを生かしたスペシャルランチのコースが用意される。サンドマンはスパイダーマンのライバルだが、サンデマンはフレンチのグッド・パートナーとして隠し味で使われるのである。

スペシャル・ランチ・コースを味わったあと、お帰りの際には「サンデマン ルビー ポート ハーフボトル」がおみやげでもらえる特典付き(各店舗先着15名さま限定)。サンデマン・プレゼンツのお得な3週間を堪能せよ!

使用アイテム

下記4アイテムのいずれかが、各店舗のランチメニューとアペリティフに合わせて使われている。

  • 【1】サンデマン トウニー ポート
  • 樫の樽で熟成された、複雑味の感じられるポート。
    クレーム・ブリュレやタルト・タタンといったキャラメルを使ったデザート、またはロックフォールのような強いブルーチーズと良く合う。
    アルコール度数:19.5%
  • 【2】サンデマン ホワイト ポート
  • 甘さと酸味のバランスが心地よい、白ブドウを使用したポート。
    ドライフルーツやアーモンドなどのナッツ類、あるいはトロピカル・フルーツを添えたバニラアイスクリームのようなデザートと良く合う。シーフードとの相性も抜群。
    アルコール度数:19.5%
  • 【3】サンデマン フィノ(辛口のシェリー)
  • 平均3年熟成の、ソフトでドライなフィノ シェリー。
    中華風クラゲのサラダや、オイルサーディンのパン粉焼き、スモークサーモンのカナッペなど、軽やかで香りのある前菜と良く合う。
    アルコール度数:15%
  • 【4】サンデマン ファイン リッチ マディラ
  • 金色を帯びた、中程度の濃さの琥珀色、甘く芳醇なマディラ・ワイン。
    リッチな前菜、ビターチョコレートのように強い風味のあるデザートと抜群の相性です。
    アルコール度数:19%

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼に合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼にタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!