『鍛高譚R』、9月6日より全国発売

オエノングループの合同酒精株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:西永裕司)が発売する、しそ焼酎「鍛高譚」が、2017年に発売25周年を迎えます。その25周年に先立ち、北海道エリアで先行限定発売をしていた「鍛高譚」ブランドの新商品『鍛高譚R』が2016年9月6日(火)より全国発売することが決定しました。また、『鍛高譚R』を、よりカジュアルに楽しめる『鍛高譚Rスパークリング』(北海道エリアで先行発売中(一部エリア外を含む))も、併せて全国発売します。

『鍛高譚R』は、しそ焼酎「鍛高譚」に使用される北海道白糠(しらぬか)町産の赤シソをふんだんに使用し、赤シソの豊かな香りと、鮮やかなルビー色が特長のドライな味わいのお酒です。

5825-1

『鍛高譚R』の甘くないドライな味わいは、食中酒に最適で、ロックや水割り、炭酸割りやトニックウォーター割りなど、さまざまな飲み方で楽しめます。また、美しい天然のルビー色を活かしたスタイリッシュなボトルは、ホームパーティーや女子会、飲食店など、幅広いシーンでお楽しみいただけます。

ほんのり甘口で、キレイなピンク色が特長の『鍛高譚Rスパークリング』は、最初の“乾杯”に最適です。

『鍛高譚R』のコンセプトは、以下の3つの「R」。

①Rare(レア)・・北海道白糠町の契約農家から、「鍛高譚」ブランドの素材になるためだけに特別に栽培された、希少な赤シソを使用しています。赤シソの栽培期間中は農薬不使用です。
②Rich(リッチ)・・しそ焼酎「鍛高譚」に使用される赤シソを5倍以上も使用し、赤シソの華やかなアロマをリッチに堪能できます。
③Ruby(ルビー)・・着色料を使用せず、天然の赤シソ由来の鮮やかなルビー色が特長です。

厳選された素材による味わいはもちろん、芳醇な香りや美しいルビー色が特長で、飲んでおいしい、見て楽しい、さまざまなシーンで活用できる“シソ香るお酒”です。

<想定飲用シーン①ホームパーティーで!>

5825-2

FacebookやInstagramの勢いはとどまるところを知らず、食事シーンにも、一層のフォトジェニックさが要求されるようになってきています。ホームパーティーでは、料理の味わいはもちろん、盛り付け方や、彩を求めた野菜やフルーツ、カラフルな食器やおしゃれなコーディネートなど、ビジュアル面の要求が高まってきました。また、SNS投稿を意識した写真を撮ることを楽しむ場面も多くみられます。そんなシーンに「鍛高譚R」「鍛高譚Rスパークリング」は最適!「鍛高譚Rスパークリング」で乾杯した後、食中酒に最適な「鍛高譚R」のボトルを開ける、という流れで楽しめば、写真に映えるビジュアルと、飲みやすい味わいで、より一層盛り上がること間違いなしです。

<想定飲用シーン②普段の食卓にも彩を!>

5825-3

簡単でスピードが求められる普段の食事。地味なコーディネートになりがちですが、グラスに注いだ「鍛高譚R」を添えるだけで、パッと鮮やかな食卓になります。さまざまな料理とも相性よく、彩も美しい「鍛高譚R」があれば、普段の食卓をきれいに演出し、きっと楽しい食事となるでしょう。

商品情報

5825-4

【鍛高譚R】
商品名 鍛高譚R
内容量 720ml
アルコール分 20%
品質規格 リキュール
参考小売価格 980円(税抜き)

【鍛高譚R スパークリング】
商品名 鍛高譚Rスパークリング
内容量 275ml
アルコール分 4%
品質規格 リキュール
参考小売価格 298円(税抜き)

鍛高譚シリーズブランドサイト http://www.oenon.jp/tantakatan/
オエノングループ公式サイト http://www.oenon.jp

この記事を書いた人

オエノングループ合同酒精(株)
オエノングループ合同酒精(株)
オエノングループは、持株会社であるオエノンホールディングス(株)を中心に、酒類事業、加工用澱粉事業、酵素医薬品事業などを展開する11社で構成。主力事業会社である合同酒精(株)は、主力の焼酎「鍛高譚」「ビッグマン」などを中心に、チューハイ、ワイン、製菓用洋酒など幅広く取り扱う。