ミシュランガイド東京2017 発表会|Le Guide Michelin Tokyo 2017

三つ星レストラン・飲食店の代表たち

3つ星は12軒

『ミシュランガイド東京』の2017年版のセレクションが12月2日(金)に発売される。これに先駆けて、11月29日 15時30分より、12月1日 23時59分まで、会員制のミシュランガイド公式Webサイトでは、全掲載店舗が公開されている。

また、これと同時に、星を獲得した飲食店とビブグルマンを獲得した飲食店の表彰がおこなわれた。掲載店は、全585軒。ホテル42軒、旅館1軒、飲食店・レストラン542軒。

2017年に3つ星に輝いたのは、12軒。うち、「かんだ」、「カンテサンス」、「ジョエル=ロブション」、「すきやばし次郎 本店」の4軒は、アジア初のミシュランガイドとなる『ミシュランガイド東京 2008』が発行されてから10年、連続で3つ星として掲載されつづけた。

その他、日本料理「石かわ」、「虎白」、「まき村」、「幸村」、「龍吟」、寿司「さいとう」、「よしたけ」、ふぐ「山田屋」が3つ星として掲載されている。

ミシュランガイド東京2017 発表会|Le Guide Michelin Tokyo 2017

あらたに二つ星、一つ星を獲得した飲食店・レストランの代表たち

2つ星は54軒、1つ星は161軒

全54軒となった2つ星では、寿司「天本」、日本料理「宮坂」の2軒をあらたに掲載。1つ星から評価を上げたのは、天ぷら「銀屋」、寿司「ます田」の2軒だった。

全161軒の1つ星については、16軒を新規掲載。3軒がビブグルマンから評価を上げた。焼鳥の「バードランド」、イタリア料理「レガーロ」、ラーメン「鳴龍」がその3軒だが、なかでも、ラーメンのカテゴリーから「鳴龍」が掲載となったのはニュース。1つ星のラーメン店は、ほかに「蔦」がある。

ミシュランガイド東京2017 発表会|Le Guide Michelin Tokyo 2017

あらたにビブグルマンに掲載されたレストラン・飲食店の代表たち

ビブグルマンは全315軒

ビブグルマンは全315軒。48軒の飲食店・レストランがあらたにビブグルマンとして掲載された。ビブグルマンはコストパフォーマンスが高く、良質な料理を提供する飲食店・レストランが対象。2014年版ではフランス料理とイタリア料理のみ、2015年から和食に属するカテゴリーがくわわり、昨年発行された2016年版から、全料理カテゴリーが対象となった背景がある。

2017年版のミシュランガイド東京では、星、ビブグルマンをふくめると、40種類の料理カテゴリーが掲載されているとのことだ。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ラグビー日本代表はワンチーム! 

One for all, all for one

WINE-WHAT!?はワインチーム!

Wine for all, all for wine