カレーとビールはよく合う。と私は思う。辛いカレーを一気に掻き込み、ビールで一息。辛さに火照った喉を潤してくれる。さしずめ、カレーのチェイサーと言ったところか。

向田邦子は、妹といっしょに赤坂に店を出したとき、実際に一口カレーをメニュー化したそうだ。その店は、もうなくなってしまった。向田邦子のカレー、食べてみたかったとつくづく思う。もっと早く知っていれば、と後悔してしまう。
だから他に、そんな店がないかな、とずっと思っていた。おいしいカレーのある居酒屋が。

そして、ついに別府で見つけてしまった。向田邦子の一口カレーは、居酒屋料理の中に、カレーを潜り込ませたわけだが、こちらは、堂々とカレーをメインにしている。カレー屋だけど、酒も飲めるし居酒屋風おつまみもいろいろあるよ、という感じ。そもそもの考え方は真逆な感じがするが、美味しいカレーと美味しい酒が楽しめる店であることには変わりはない。

ルート10のカレーは、いわゆる欧風カレー。どちらかというと甘口だと思うのだが、ちゃんと辛さも口の中に残る。私は、辛口にしてと頼んで作ってもらうのだが、これが、東京でたっくさん食べ歩いた有名店のカレーと比べても、決して負けてない。うまいのだ。

カレーの種類も豊富に用意してある。カレーを使ったおつまみもある。唐揚げにカレーをかけたメニューは、これまたビールによく合う。マスターに向田邦子の一口カレーの話をしたら、「それいいね」と早速ミニカレーをメニューに加えてくれたという嬉しい出来事もあった。

ドリンクが豊富なのも嬉しい。特に洋酒が豊富で、本格的なカクテルも飲める。美味しいワインがあるのも嬉しい。生ハムやラタトゥイユ、チーズなど、ワインに合うつまみも豊富にある。つまり、料理は本格的。決してカレーだけの店ではない。

別府に住んでいた時には、毎日のように通った。今も別府に行くと必ず寄る大好きな店だ。

この記事を書いた人

hideppo
hideppo
呑んべえで食いしん坊のおやじライターhideppoです。毎日、飲み歩いているお気に入りの店や、出張先や旅行先で見つけたおいしい店を、紹介していきます。ライターとして、あえて写真を撮らず、文章だけでおいしさや魅力をお伝えできる力をつけたいとチャレンジしています。自分の舌で納得した、安くてうまい店を中心に紹介します。でも、たいてい呑みながら書いているので、酔い加減によっては、同じことを繰り返したり、つじつまがあわなかったりもしますが、あしからず。