新しい年がはじまりました。新年のお祝いの仕方は国によってさまざまですが、素晴らしい一年になることを祈るのは万国共通です。ブルガリアでは元旦に「スルヴァカネ」と言う儀式を各家庭や地域のコミュニティーなどで行ないます。

「スルヴァカネ」はサンスクリット語の太陽、新年の日の出を意味するスーリヤから派生したと言われています。元旦にミズキの枝を丸状に曲げ、その枝をドライフルーツやポップコーン、りんご、コインなどで飾りつけをします。その装飾された棒を「スルヴァチカ」と呼びます。子供たちは歌を歌いながらその「スルヴァチカ」でおとなの背中を叩くのです。

楽しい一年を
青い麦を
庭には赤いりんごを
家にはたくさんのシルクを
これからも末永く健康で

新年の健康と幸せを祈願するこの儀式が終わると子供たちはご褒美にお年玉やお菓子をもらいます。

「スルヴァチカ」と「スルヴァカネ」の儀式

ミズキの枝で作る「スルヴァチカ」(左)と、新年の「スルヴァカネ」の儀式(右)

ブルガリアトップワイナリー・カタルジーナにとっても今年は新しい出発の年になります。2006年に初リリースをして昨年は丁度節目の10周年の年でした。一昨年のブルガリアベストワイナリー選出に続き、昨年はブルガリアベスト赤ワインにも選ばれました。今年は次の10年に向けて新たなチャレンジをする年と考えています。

10周年記念パーティー

10周年記念パーティー

10周年記念ボトル

10周年記念ボトル

カタルジーナのオールメンバー

カタルジーナのオールメンバー

カタルジーナの顔として活躍するニコロヴァCEO

カタルジーナの顔として活躍するニコロヴァCEO

若き名匠・双子の醸造家 キショフ兄弟

若き名匠・双子の醸造家 キショフ兄弟

カタルジーナ初のスパークリングやビオワイン、5年の歳月をかけて造り上げたカタルジーナ・グランクリュをリリースし、名実ともにブルガリアを代表するワイナリーとして新たな歩みを始めています。

これからのカタルジーナにぜひご期待ください。

この記事を書いた人

トラキアトレーディング
トラキアトレーディング
ドバルデン!(こんにちは)、ブルガリアワインインポーター・トラキアトレーディング代表の岡崎です。まだまだ知られていないブルガリアのワインや商材を通じて、ブルガリアがより身近に感じられるよう、両国の懸け橋になることを目指しています。
http://www.trakiyatrading.com/