ボトルに入ったワインには、ブドウ栽培から醸造に至るまで、生産者の心血が注がれている。日本の消費者に届けるまで、その大切なワインの品質を保つことに細心の注意を払い、大切に扱う人たちがいます。

「ん?」のワケ

海外旅行で訪問した先で飲んだワイン、美味しかったなぁ~。だけど、日本で飲むと、「なんか違うんだよなぁーーー」なんていう経験は、ありませんか?

生まれた土地から長い旅をして、日本に住む私たちのもとにたどり着いたワインが、「ん?」という印象を受けるのにはワケがあります。

長い船旅をしてくるワイン。どの海を渡り、どのくらいの日数がかかるのだろう。

生産者のもとから長い旅路を超え日本へやってくるワイン。その間の温度管理、そしてその後、日本へ着いてからの保管状態、どうなっているのかな・・・、なんて考えたことは、ありませんか?

温度管理されたショップのセラー内には大谷石の破片が置かれている。毎日水をかけて濡らし、湿度を保つ役割りを担っています。

ワインを選ぶ際に、どのワインを選ぶかは、プレゼントや家飲みといった背景に加え、好みや価格といった条件によっても異なってきますね。もし、まだ、こういう選び方をしたことがなかったなら、次回のワイン選びのテーマにしてはいかがでしょう。「生産者が思い描いてつくったワインの味を、日本で味わう」です。

排水溝の中にも大谷石が敷き詰められている。

わたしたちが口にするワインは、生産者が命をかけてつくっている、といっても過言ではありません。

入手困難なワインも、そうでないワインも等しく生産者のもとから日本に到着し、消費者の手に渡るまで徹底管理する。

そんな大事なワインは、たとえるなら美味しく召し上がっていただける方へつくられた、ひと皿の料理。誰か大切な人のためにつくられたお弁当でもいいでしょう。
それをしばらく預けている間、直射日光の下、野ざらしにされたり、どこで、どんなふうに運ばれているのか、逆さまになってはいないか、雨に濡れることはないか、どんなふうに保管されているか・・・、「大丈夫かな」と、気になってしまいます。

生産者のセラーに保管されているときと同じ状態を保ってきたワインだからこそ味わえる本当の味わい。

ワインにも、温度や湿度といった環境が大事。徹底した管理下で運ばれ、生産者のセラーにある状態と変わらない環境設備で大切に扱われている店舗で選んだワインはきっと、「旅行で訪れたあの時、彼の地で飲んだ思い出のワイン」に近いものとなるかもしれません。

生産者の魂を預かるショップオーナーの園田あゆみさん。

生産地から遠く離れた日本でも、生産者が想いを込めた、「あなたに飲んでほしいワイン」が、きっと見つかることでしょう。

セラーのみならず、店舗のいたるところにオーナー園田さんの繊細なこだわりが見られます。

ヨーロッパのアンティークがさりげなく飾られる店内。



ラ・カーヴ オン・ソワレ

東京都世田谷区太子堂4-24-13 山本ビル1F
TEL:03-6805-5354

OPEN :
平日16:00-22:30
土日13:00-21:00
定休日:火曜日

この記事を書いた人

ウスイ 潤
ウスイ 潤
「百聞は一見に如かず」
好奇心を原動力に美・知・英を求めるブログ、
好きなもの、写真に撮って、アーカイブ。

http://ameblo.jp/coco-chaud/entrylist.html