気持ちを表し伝える『素敵なことば』のおはなしです。
ペンシエロ

すりガラスと銀の角皿、ベルギーのアンティークレース、ヴェネツィアングラスのワインストッパー、オーストリア「スワロフスキー」のジュエリーボックス、銀をまとったタツノオトシゴとヒトデ、ピエトラ・レッチェーゼ(レッチェの石灰岩)の石細工

今から18年前、一年ぶりに再会したイタリアの友人から小さな包みを渡された。

わたしが日本に発つ前日のこと、中を開けてみると、銀色に輝くタツノオトシゴとヒトデだった。「これは?」と聞くと『ほんの気持ち』と答える友。そのときはじめて聞いたのが『pensieroペンシエロ(思いやり)』という言葉。イタリア語にこんなに謙虚な言い方があったのか、日本人みたいだなぁ…と思った。

普通、贈り物はregaloレガーロ(小さな贈り物はregalino レガリーノ)という。「プレゼント」であることに変わりはないのだが、『ペンシエロ』には、仰々しさがなく、相手の負担にならないように(お返しなんていらないよ)、というような、気くばりが感じられる。なんとも奥ゆかしい。わたしはこの『ペンシエロ』が好きである。誕生日や記念日の「プレゼント」は、もちろん嬉しいのだけれど、普段の日のなんでもないときの、ささやかな「贈ったり贈られたり」がわたしには好ましい。贈られる相手が喜ぶことはなんだろう、とあれこれ思い巡らすのは贈る側にとっても楽しみとなる。大切なのは『気持ち』なのだから。

画像は、わたしが受け取った、友人や家族からの『ほんの気持ち』、カタチは小さくても愛と優しさに満ちている。

※pensiero:イタリア語の発音は「ペンスィエーロ」が近いです。外国語にルビを振るのは難しいです。考え、思考、気持ち、心配などの意味があります。英語の thoughtにあたります。

この記事を書いた人

ゴローザ通信
ゴローザ通信
浜名湖畔の風光明媚な集落に生まれる。主婦、ときどきイタリア語通訳・翻訳・コーディネーター、アートユニット活動もしています。
※「ゴローザ Golosa」とは、イタリア語で「食いしん坊」のこと。「食に対して貪欲である」ということから「好奇心や探究心が旺盛な」という含みも。

落ち着くところ:水のある風景
リピートしたいところ:イタリア、南アフリカ

ゴローザが、日々の暮らしの中で見つけたこと、感じたこと、好きなことなどなど…心のおもむくままにお届けします。
この作者の最近の投稿