あれあれ、見覚えのあるボトルですね。wine-whatの記事を見ていたら、かつての旅の記憶が蘇りました。

ゴローザ通信で、過去の『旅』のエピソードなどを書いていますが、『旅』って終わってしまった後でも、自分の記憶がある限りは、いつまでも愉しめるものだなあ… と思います。ピエモンテ州、アレッサンドリア県ガヴィの町に Monterotondo モンテロトンド という集落があります。そこにワイナリー「Villa Sparinaヴィッラ・スパリーナ」があります。ガヴィワインの優れた生産者として知られています(日本でも買えますね)。ワイナリーには宿泊施設とレストランが併設されていて、こちらのワインと土地の料理を楽しんで、そのまま寝られます。ミラノからジェノヴァに行く途中、どこかのんびりできるいいところがないかなあ… とネットで探していたら、たまたま見つけました。寄り道して一泊しました。2007年3月のことです。

ゴローザは、かつては年に2回(多いときは4回)イタリアに「美術建築探訪+食の旅」に出ていて、ときどきワイナリー巡りもしていました。これらのことは後のお仕事にも役立って、直接体験の重要さを実感したものです。あと、イタリアの「旅の魅力」は、ヴァラエティーに富んだ宿泊施設。それぞれの地方の特色ある『宿』に泊まってみるのもお勧めです。ヴィッラ、カステッロ、修道院、貴族の館、アグリトゥーリズモ、歴史的建造物を修復し内部をリニューアルしたもの、マッセリア、個性的なものでは、洞窟住居ホテルやトゥルッリなど、忘れられない体験ができます。あらあら、こんなことを書いていたら、またどこかに行きたくなってきましたよ。

スパリーナのシンボルカラー、イエローが特徴

スパリーナのシンボルカラー、イエローが特徴です。

宿「L'Osteriere ロステリエーレ」のエントランス

宿「L’Osteriere ロステリエーレ」のエントランス。

ブドウ畑に囲まれてのどか

ブドウ畑に囲まれて、ほんとにのどかですね。

ワイナリーの敷地内

ワイナリーの敷地内。他に誰もいません。

教会前広場の衣料品市

近くのまち Novi Ligure ノーヴィ・リグーレへ。教会前広場の衣料品市。外壁のフレスコ画が美しい。

 

そうそう、Novi Ligureのリストランテで「マルチェロ・マストロヤンニ」そっくりのおじさんと出逢いました。上下真っ白なスーツを着こなし、風貌からして、只者ではない感じ… 大きなサイズの名刺を差し出され、見るとミドルネームが2つもある長い名前でした。肩書には「Cavaliere del Lavoro(カヴァリエーレ・デル・ラヴォ—ロ)」とありました。これって、産業界の優れた功績に対して贈られる「イタリアの騎士勲章」、名誉称号なのです。ほんとうにこの方、受章されたのかしら… いずれにしても、ナンパの小道具では?? と勘ぐってしまうゴローザでした(笑)

レストラン

敷地内の「La Gallina ラ・ガッリーナ(めんどり)」という名のレストラン。

アルバムの1ページ

アルバムの1ページから。

VILLA SPARINA のワイン

VILLA SPARINA のワイン(スパリーナ・イエローですね)。写真の部屋に泊まりました。

この記事を書いた人

ゴローザ通信
ゴローザ通信
浜名湖畔の風光明媚な集落に生まれる。主婦、ときどきイタリア語通訳・翻訳・コーディネーター、アートユニット活動もしています。
※「ゴローザ Golosa」とは、イタリア語で「食いしん坊」のこと。「食に対して貪欲である」ということから「好奇心や探究心が旺盛な」という含みも。

落ち着くところ:水のある風景
リピートしたいところ:イタリア、南アフリカ

ゴローザが、日々の暮らしの中で見つけたこと、感じたこと、好きなことなどなど…心のおもむくままにお届けします。
この作者の最近の投稿