数々のお店ひしめく奥渋谷で、ヴァンナチュールと食事をゆっくり楽しめるお店をご紹介。本当は教えたくないけど。。。

飲食店における、お客様の入りというものには「波」があるようで、すごく入っている時期もあれば、すごく空いている時期もある。例えばその入っている時期にいつも来店すると、混んでるお店、という印象になり、例えばその空いてる時期にいつも行っていると、いわゆる予約しないでも入れるお店、という印象になる。つまり客側の印象の問題が大きいということだ。

僕はこれから紹介するお店を実はあまり紹介したくない。なぜなら、いわゆる後者の「予約しないでも入れるお店」であってほしいからだ。僕は割とこれまで、このお店を「予約しないでも入れるお店」として、大変大切に、そして重宝して通わせていただいていたのだが、僕が紹介しないでも、最近ではいつも通りかかると、コンスタントにお客さんが入っている印象があるので、僕の願望もそろそろ叶わなくなってきているらしい。

「予約しないでも入れるお店」から人気店へ?

渋谷から富ヶ谷に抜ける遊歩道沿い、最近だと奥渋谷と言われているエリアにある「サジヤ」がそのお店。確実にヴァンナチュールに合う料理がメニューにひしめきあう素敵なお店だ。

そんな料理を作るのはシェフの田中さん。目立ちすぎることもなく、控えめすぎることもなく、間違いなく料理の腕、味でアピールしてくるすごい作り手だ。ジャンルでいうと「フランスの田舎でおばあちゃんが作るような料理」と、いつか彼と話したときに、仰っていた上手な表現だ。奇をてらった料理というよりも、ワインと一緒に食事して、しみじみ美味しさを感じられる料理に溢れている。

私のオススメは、、、

それはローストポークだ。

私はこの料理が好きすぎて、先日は一人で来店して、2〜3人前のポーションサイズのこちらを完食したほどだ。それくらいお気に入りなのである。

ポークそのものの美味しさを充分に感じられるこの料理。豚は季節に応じて、あるいは豚の肉質に応じて、異なる生産地から仕入れているそうで、先日食べたときは「平田牧場」のお肉だった。とにかく肉質が柔らかく、そして上品、塩ベースの落ち着いた味付けと、季節に応じて異なる付け合わせで軽く食べられる一皿だ。

 
大好物のローストポーク

大好物のローストポーク

 

こういった料理は本当にヴァンナチュールがよく合う。サービスを担当されているひさかさんが、常時数種類の中から、その時の料理の感じに応じておすすめしてくれるので、その中から選べばいい。個人的にはやはりさっぱりとした白が最適だと思う。
(すみません、食事に夢中過ぎて、合わせたワインの写真を撮るのを忘れてしまいました。。。)

ポモドノルマンディー

リンゴのリキュール、ポモドノルマンディー

 

ということで、十分食事を満喫したあと、ひさかさんからサービスで、本来であれば食前酒などで供される、ポモドノルマンディーを締め代わりに出していただき、この日は大満足な時間を過ごした。

混んでしまっては、私個人としては少し困るが(笑)、お店側からしたら、たくさんのお客さんに楽しんでいただくことが第一義だと思うので、フランスの田舎を旅している気持ちになりたい方はぜひ一度行ってみると楽しいかもしれない。

この記事を書いた人

ysk_tokyo
ysk_tokyo
ヴァンナチュールとそれを取り巻くヒトたちに魅せられた勝手気ままな自由人(30代男)。最近は「何を食べるか」から「誰が作ったものを食べるか」に急速にシフト中。
食もワインも、作り手の想いを最大限享受したい欲張りグルメ活動を推進しています。飲食にまつわるあれこれを勝手気まま過ぎる?頻度で発信させていただきます。
◎インスタグラムでも随時更新中⇒https://www.instagram.com/ysk_tokyo/