セミナー入り口
 
私のような駆け出しの「なんちゃって」ワインエキスパートにとって、セミナーは自己研鑽には打ってつけの場だ。

このたび、フランスのブルゴーニュ委員会が主催するセミナー「Chablis in TOKYO」に参加した。

テーマは「シャブリ・プルミエ・クリュ/Chablis Premier Cru、クリマ/Climatsとその多彩な魅力」、講師は高名な大越基裕氏だ(一度お目にかかりたかった。ラッキー!)。

シャブリとの出会い

私が、シャブリという言葉を初めて耳にしたのは、今を遡ることはるか昔、かつての人気漫画「美味しんぼ」を読んだときのこと。当時はワインについてはサッパリで「シャブリ」も「ヴォーデジール」も何のことやら。その後、ワインに興味を持つようになった数年前、丸の内にある「コットンクラブ」で初めてシャブリを口にすることとなる。

アメリカのジャズヴォーカリスト「ヘイリー・ロレン」の瑞々しくもスモーキーな歌声(ちょっとワインみたいな表現!)を聴きに行ったのだが、その薄暗い店内でソムリエさんがそっと近づいてきて「旦那、今夜はシャブリのいいのが入ってますぜ」と私の耳元で囁くので、「あぁ、シャブリね。ではもらいましょうか」と知ったかぶりして、ドキドキしながら飲んだものだった。

ワインエキスパートの知られざる使命とは!?

それから時は流れて・・・。今は自分がワインエキスパートを名乗って、こうしてシャブリのセミナーに関するレポートを書いているのだから、人生はわからない。

ご縁があってワインの世界に飛び込んではみたものの、専門的に勉強していくと困ったことが起こる。これは試験勉強をしていて痛感したのだが、誤解を恐れずにあえて言おう! 『ワインエキスパートとは、自分が飲んだことのないたくさんのワインについて、また行ったことのないたくさんの国や生産地について、さも飲んだことがあるかのように、まるで行ったことがあるかのように「大いなる知ったかぶり」をしなければならないのだと!』

わ~、ソムリエ協会に怒られそう! 私はシャブリどころかフランス、いやいやヨーロッパにすら一度も行ったことがない(汗)。試験対策のため、田崎真也先生のサロンで何回かテイスティングをした程度で、実際にシャブリを口にする機会はほとんどないまま、ここまで来てしまった。また、筆記試験に向けてシャブリも勉強したが、他にも覚えなければならない膨大な情報量(教本は電話帳くらいの分厚さ!)を考慮すると、7つのグラン・クリュの名称、地図上でのその位置、一番広い面積のクリュはどこかなど、ポイントを絞らざるを得なかった。

かつてのシトー会修道院が所有していた歴史的な畑である「ムートンヌ」が、現在はドメーヌ・ロン・デパキの持ち物であるというところまで覚えるので精一杯。だから、40あるプルミエ・クリュまでは正直手が回らなかった。

でも・・・。そんな私がワインを語ってもいいのである(笑)。たとえ海外で勉強した経験がなくても、やる気さえあればワインエキスパートになれるのだから、その点では「ワインの世界は誰にでも平等に門戸が開かれている」と言っていい。

とは言え、いつまでも「知らないということ」を自慢している訳にもいかない。したがって、今回のセミナーは、その「知ったかぶり」に磨きをかける絶好のチャンスだ! 感謝なのである。

この記事を書いた人

石戸 智
石戸 智
数年前にワインに出会ってから、すっかりハマり、昨年50歳を迎えたことを契機にワインエキスパート呼称資格を取得。それが人生の転機となり、今年3月で25年間務めた仕事(某市役所職員)を退職し、ワインと心中することを決意!
今後はワインの伝道師として、一人でも多くの人に、ワインの素晴らしさを伝えていきたいと思っている「さすらいのワインエキスパート」です。目下、WSETの資格取得を目指して勉強中!(今年度中にレベル2・レベル3を取得することが目標)
この作者の最近の投稿