オーストラリアを代表するワイナリー、ローズマウント・エステートの「Meal Matchers」に新アイテム2種が発売となる。食欲の秋に先駆け、魚料理と豚肉料理とのマリアージュをウスイ潤さんが堪能してきました。

塩とコショウのように

“Drinking wine is enjoyment = ワインを飲むことは、楽しむこと。”

オーストラリアを代表するワイナリー、ローズマウント・エステートのメッセージで、私の大好きなフレーズのひとつです。

昨年、都内で開催された同ローズマウントのセミナーで、「テーブルの上にはいつも塩とコショウとワイン、というように当たり前にワインが並ぶ食卓が理想」と話してくれた醸造家のランダル・カミンズ(Randall Cummins)氏。今年は魚料理にあう白ワイン、豚肉料理にあう赤ワイン、その名も“ミール・マッチャーズ”を伴って再来日。9月7日のリリースに先駆け、プロモーションを兼ねた食事会が開かれました。

新発売のシーフード用のブレンドの白。チキン用の「ミール・マッチャー シャルドネ」に加わる。

豚肉料理には豚の絵が目印!! ステーキ用「ミール・マッチャーズ シラーズ」に新たに加わる。

開催場所は、日本橋室町の『文化情報発信型飲食店』をうたう「日本橋室町 豊年萬福」。木村修一料理長が腕によりをかけたお料理の数々が並びました。

木村料理長が”ミール・マッチャーズ”を試飲し、考案した料理の数々。食事に合うワインに合う食事。旬の素材を活かした魚料理と豚肉料理がふんだんに並びました。

魚料理は、真鯵と針野菜のカルパッチョ、新秋刀魚塩焼き 酢橘添え、秋鮭フライ トマトといくらレモン卸のせ。豚肉料理は、TOKYO Xの串焼、スペアリブ ミール・マッチャー赤ワインソース、上州もち豚味噌生姜焼。

それぞれをミール・マッチャーズにあわせ堪能。魚料理のデリケートな味わいに、白は柑橘系のアロマと爽やかさがマッチ。ソフトでジューシーな豚肉料理には、スパイシーテイストなブレンド赤がよく合う! 

「和食大好き」と語るカミンズ氏も大満足のマリアージュ。

シーフードには魚の、豚料理には豚のイラストがボトルに描かれているので、選ぶのもカンタン。『難しいワイン選びから、楽しい買い物へ』。そして、今日もワインライフを楽しみましょう!!

この記事を書いた人

ウスイ 潤
ウスイ 潤
「百聞は一見に如かず」
好奇心を原動力に美・知・英を求めるブログ、
好きなもの、写真に撮って、アーカイブ。

http://ameblo.jp/coco-chaud/entrylist.html