10月8日の深夜、ナパとソノマで複数の山火事が発生しました。かなり大規模な火災で、これを書いている10月10日現在、まだ鎮火していません。(現地の日付で書いています)

深夜に突然起こった、大きな火災

火災が発生したのは、ナパでは2ヶ所。アトラス・ピークというシルバラードの東側の山間、カリストガの北。それとソノマのサンタローザ等です。10月8日と9日の境の時間、深夜に発生したようです。

消防署のレポート

消防署のレポート(http://www.fire.ca.gov/general/firemaps)。現在の火災の状況がわかります

乾燥した日が続き、この日は風も強かったこともあり、火は一気に広がったようです。朝までに、数万エーカーが燃えたという報告も。道路もいくつも通行止めの処置がとられています。

私が住んでいるのはダウンタウンに近い場所なので、被災の心配はいまのところないのですが、煙の臭いはしていますし、視界はよくありません。消火の進捗は、リアルタイムで更新されているのですが、大規模であり複数の火事でもあるので、鎮火までには時間がかかる見込みです。

クームスビルからの眺め

クームスビルという、火災の起こっているアトラスピークに近い場所にある私が働いているワイナリーからの眺め。普段はこの青空

煙で空がこのように

10月9日の朝のワイナリーからの眺め。煙で空がこのように

訪問される場合は、充分気をつけて

まだまだ完全に収穫が終わっていない時期の大規模火災。火災に遭わなかった地域でも、ぶどうに煙の臭いがついてしまうことが心配されます。火災現場に隣接しているワイナリーでは、今後の風や消火具合によって、収穫が安全にできるのか、今のところわかりません。

現場の近くでは、歴史あるワイナリーが燃えてしまったというニュースもありました。火災が起きているどの場所も、素晴らしいぶどうが作られている、有名なワイナリーが数多くある地域です。ぶどう畑と炎の写真などが各ニュースサイトにアップされていますが、とても悲しいきもちになります。

Googleマップなどで交通情報をチェック

Googleマップなどで交通情報をチェックして下さい(こちらは10月10日17時ころの状況)

現在、ナパとソノマには非常事態宣言が発令され、約2万人の方が避難されています。10日朝の時点では、被害は20億ドル以上になると予想され、過去最大の山火事といわれています。

この火災によって、テイスティングルームをお休みにするワイナリーも多く出ています。道路状況も刻一刻と変化しています。なにより、まだ鎮火していません。すでに旅行を計画されている方は、しっかり情報を収集され、安全には充分ご留意ください。

数日前に撮影した今年のぶどう

数日前に撮影した今年のぶどう。またこのような景色が見られる日が早く来ることを祈っています

この記事を書いた人

Saori
Saori
2014年よりアメリカはカリフォルニア州ナパに留学中。Napa Valley Collageにてワイン醸造とブドウ栽培を勉強中。

個人的嗜好にかたよったカリフォルニアワインの紹介と訪れたナパとソノマを中心としたワイナリーの数々、そしてワイン造りとグルメ、美しい風景などなど、わたしが体感しているナパの毎日のようすをお届けします。