今年も残すところあとわずか。師走の気忙しさの中、幼い子供達はサンタクロースからのプレゼントを楽しみに、日々過ごしていることでしょう。

私たちがよく知るサンタクロースは、フィンランドの伝承を元に1823年アメリカで発表された「聖ニコラスの来訪」という詩が原型になっていると言われています。サンタがプレゼントを靴下に入れることや、トナカイにのってやってくることなどが記された、その詩が広く流布して現在のサンタクロースのイメージができ上がったようです。

その後、サンタの生誕地はフィンランドにある北極圏のラップランドということになり、そこにはサンタクロース村まで作られ、今では世界中の子供からサンタ宛てに手紙が届くようになりました。

 

しかし聖ニコラス(正教では聖ニコライ)は、3世紀頃ビサンチン帝国のパタラ(現トルコ領)で生まれ、後にキリスト教の大主教となった実在した聖人なのです。聖ニコライが司祭の時、財産を失い、娘たちを身売りしなければならなくなってしまった、ある商人を助けるため、夜中密かにその家に金貨を投げ入れ、その金貨が暖炉に吊るしてあった靴下の中に入ったことが、サンタクロースのストーリーの起源となりました。

聖ニコライは巡礼のため船で移動中暴風雨にあい、船から転落して水死した船員を蘇らせたり、さまざまな奇蹟を行った伝承があります。そのため、商人の守護聖人と同時に船乗りの守護聖人として今も崇められています。

没後ビサンチン帝国のミラと言う町に葬られていた遺体(不朽体)は、その伝承ゆえ、11世紀に南イタリアのバーリの船乗りたちによって持ち去られてしまい、現在もバーリのサンニコラ教会に安置されています。バーリの教会の祭壇に不朽体が入った5月9日は、正教会の「奇蹟者聖ニコライの不朽体移動」として記念日となりました。

聖ニコライの命日である12月6日もまた、正教では重要な日で、その日は船乗り(漁師)の守護聖人であることから、魚を食べる慣わしになっています。

ブルガリアのクリスマスは宗教儀式の日として家族と祝います。クリスマスイヴに生命と大地の恵みを意味する大きな丸いパンを作り、その中にコインや願い事を書いた紙などを入れて焼きます。焼きあがったパンは神様と家に捧げられてから、家族に分け与えられます。何が入っているか、どんな願い事がかなうのか、子供たちはわくわくしながらパンをかじり、イヴを楽しみながら過ごします。大人たちもパンを食し、ワインを飲みながら過ぎし年を振り返り、これからの一年が願い事がかなう素晴らしい年になるよう祈るのです。

ワインで乾杯 

御祝い事の多いこの季節に相応しいワインがカタルジーナのレ・ロゼ。独特のおしゃれなボトルにライトサーモンピンクが映えるカタルジーナのスペシャルロゼです。

カタルジーナ レ・ロゼ
 
 

【カタルジーナ レ・ロゼ】
魚介類やシャルキュトリーなどと抜群の相性。チェリー、ストロベリーのアロマと厚みのあるふくよかな舌触りがゴージャスなボトルと一体となります。

シラー60% マルベック20% カヴェルネフラン20%
alc-13% 熟成6ヶ月
辛口 ¥3,500

この記事を書いた人

トラキアトレーディング
トラキアトレーディング
ドバルデン!(こんにちは)、ブルガリアワインインポーター・トラキアトレーディング代表の岡崎です。まだまだ知られていないブルガリアのワインや商材を通じて、ブルガリアがより身近に感じられるよう、両国の懸け橋になることを目指しています。
http://www.trakiyatrading.com/